ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung HomeSyncの対応機種が拡大、他社端末でも利用可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1TBのHDDを搭載したSamsungの”パーソナルクラウドデバイス”「HomeSync」の対応機種が拡大されました。これまではSamsung製の一部機種でしか利用できませんでしたが、Google Playストアで配信されているコンパニオンアプリ「Samsung HomeSync」の対応機種拡大によって、Android 4.1以上を搭載したスマートフォンであれば、Samsung以外の端末でもHomeSyncと連携できるようになりました。HomeSyncは、1.7GHz駆動のExynos 5250プロセッサ、1TBのHDD、Android 4.2を搭載したSTB型端末です。Androidパソコンとしての用途に加えて、対応デバイスのファイルを保存したり、再生したりと、メディアコンテンツを共有できるネットワークストレージとしても機能します。HomeSyncアプリは、HomeSyncのリモコン機能とファイル管理機能を備えたアプリです。これを端末にインストールすることで、HomeSyncを利用できるようになります。Source : SamsungGoogle Playストア



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、「auスマートサポート」利用料半額キャンペーンと2014年版「学割」の実施を発表
西鉄、西鉄バスや電車の時刻表を検索できる公式Androidアプリ「にしてつバスナビ」をリリース
SamsungがGalaxy S 5向けに5.25インチ2,560×1,440ピクセルのAMOLEDパネルの量産を開始したとの報道

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP