体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中学受験こそ日本のエリート教育の本流、東大なんてクソ

jyuken

小さいころから厳しい世界で生きている、中学受験を目指す子供たち、そしてそのお父さん、お母さんたちに読んでほしい。今回は藤沢数希さんのブログ『金融日記』からご寄稿いただきました。

中学受験こそ日本のエリート教育の本流、東大なんてクソ
アゴラの松本徹三さんが日本の中学受験を批判するエントリーを書いておられた。
———以下、引用
今日、日本に住んで長くなるイタリア人の友人と食事をしましたが、彼は、中学を受験しているご子息のことで深刻に悩んでいました。この人はお父さんの代から学者だった教養人で、イタリアで知りあった日本人の奥さんは日本の某超一流大学の準教授です。そういうご夫婦ですから、息子さんを「中高一貫教育をしてくれる良い中学校」に入れたかったのですが、うまくいっていません。

  中略

私の考えは、目の前にいる私の友人の子供である、日伊混血の可哀想な少年のことから、日本人の若者全体の将来のことに広がりました。何も知らずに、「塾システム」に象徴されるような「日本の奇妙な教育システム」の中にどっぷり漬かっていく日本の若者達の方が、実はもっと可哀想なのだと思えてきたのです。
———引用ここまで
『アゴラ』 2010年02月08日 「教育の改革は火急の問題 – 松本徹三」より引用
http://agora-web.jp/archives/915751.html

結論からいうとこれはとんでもない思い違いという他ない。そして自分たちがエリートだか上流階級だか知らないが、息子が行きたい中学に入れないことを、日本の教育システムの問題にすり替えて非難するそのような傲慢(ごうまん)な態度では、一流の中高一貫校に入学することなど夢のまた夢である。なぜならば、中学受験こそ日本の競争力の源泉であり、日本のエリート教育の心臓部だからである。

僕は大学生のとき、難関中学受験のための教育機関で講師をしていた。そこで日本の中学受験というシステムが世界的に見ていかに優れたものであり、そこを勝ち抜いていく子供たちがいかに優れた能力を有しているかということをまざまざと見てきた。そう、中学受験には人生の全てがあるのだ。喜び、悲しみ、孤独、友情、努力、才能、そして、家族の愛。

アメリカで15歳で大学を卒業したとかいう天才児の話題がたまにテレビなどで報じられるが、日本の中学受験の最前線の実態を知る者から見れば、そのような子供なら日本にいくらでもいることがわかるだろう。日本では飛び級が認められていないだけなのである。たとえば『SAPIX』や『日能研』や『四谷大塚』の最上位クラスの子供たちに3ヶ月ぐらい大学受験の勉強を教えてやれば、ほとんどの子供たちが『早稲田』や『慶応』の簡単な学部ぐらい何の苦労もなく合格するだろう。3ヵ月で十分だ。現代文や日本史のように中学受験とあまり変わらない科目なら、そのままセンター試験を受けても偏差値60ぐらいはいくだろう。このクラスの子供たちになると方程式などはすらすら解けるので、数学も1ヵ月も準備期間があれば十分だ。

逆にいえば、世界の一流大学の学生が、彼ら小学生と同じフィールドに立ち同じ中学入試の問題で戦えば、パフォーマンスにまるで大人と子供ほどの違いがでるだろう。むろん、子供が大学生より圧倒的に高いスコアをたたき出すという意味である。

当然のことながら彼らエリート中学受験生は、小学校の先生よりはるかに頭がよく、はるかに多くのことを知っている。特に理科や算数のような科目ではできる子供は際限なくできるので、小学校の教員の無能さには耐えられなくなる時が来る。当時ひとりの生徒が「うちの学校の先生はぜんぜんわかってなくて、よく間違ったことを教えるんだ。あんな授業受けたくないよ」と僕に打ち明けてきた。その時、僕は「バカな人にバカといって自尊心を傷つけてしまうととんだ災難に巻き込まれてしまうことがある。そういうときは先生がバカなことに気付かないふりをした方がいい。理不尽と思うかもしれないが、君が大人になったらきっと今日僕がいったことがわかるようになる時がくる」と答えた。

そしてこういった難関中学受験のための塾では、毎月、全員が参加するテストがあり、その点数によって成績順にクラス分けが行われる。下のクラスの子供たちは両親と一緒にひとつでも上のクラスにはい上がれるように切磋琢磨(せっさたくま)する。最上位クラスの子供たちは、もはやクラスが下がるしかない。彼らはすさまじいプレッシャーと戦いながら、王者の椅子(いす)を守り切ろうとする。最近、成果主義だの実力主義だの日本の大企業は騒々しいが、客観的な数字が悪ければ毎月降格人事があるような徹底した成果主義を取っているのは日本の学習塾ぐらいだろう。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。