体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

上村愛子はなぜ勝てなかったのか?

uemuraaiko

勝負の世界は厳しいですね。だれもがよい結果を出すために練習をしてきているのでしょうが、勝負の土壇場では他人に勝つということへの強い執念なのかもしれません。今回は岩崎夏海さんのブログ『ハックルベリーに会いに行く』からご寄稿いただきました。

上村愛子はなぜ勝てなかったのか?
モーグル競技の上村愛子選手が、4度目の挑戦となった今回のバンクーバーオリンピックでもメダルを取れず、4位に終わってしまった。このことは、彼女にとっては非常に悔しく、また忸怩(じくじ)たる思いのできごとであったらしく、彼女自身のブログでこんなふうに自問している。

———以下、引用

どうして、こんなにも沢山の人が
私を支えてくれるのに

なんで、結果は
残せないんだろう。

メダルはいつも
ちょっとのところで
届かない。

いま、こうやって、文字にしながらも
考えてしまいます。

———引用、ここまで
* 『上村愛子オフィシャルブログ』より引用
http://blog.excite.co.jp/aikouemura/10772280/

そこでぼくは、考えてみた。
「なぜ上村愛子はメダルを取れなかったのか?」
なぜ彼女は結果を残せなかったのだろう?
なぜオリンピックで勝つことができなかったのか?

そこで出てきた答は、比較的シンプルなものだった。
それは、結局彼女は「勝つことの意味を勘違いしていたのではないか」ということだ。

「自分に勝つ」という嘘(うそ)
上村愛子選手は、結局勝つことの意味—-とりわけ「オリンピックでメダルを取ることの意味」を、最後まで取り違えていたのではないかと思う。

特に彼女は、「オリンピックに勝つということは、『自分に勝つこと』に他ならない」というふうに勘違いして、そのための努力を、この4年、あるいはそれ以前の10 数年前から積んできたのではないだろうか。それが、結局はブログで述べたような目標(オリンピックでメダルを取ること)を遠ざけることとなり、今回の結果につながった—-そう思うのだ。

「オリンピックでメダルを取る」ということは、決して巷間(こうかん)言われるような「自分に勝つ」ということの結果ではない。たとえ自分に勝つことができなくても、他の選手に勝つことができれば、オリンピックでメダルは獲得できるのだ。

その最も象徴的な例が、ソルトレイクシティオリンピックのショートトラック競技に出場したスティーブン・ブラッドバリー選手だろう。この大会、実力では他の選手に比べて大きく劣っていたブラッドバリー選手は、しかし劣っていたがために有力選手の後ろを走ることとなり、それが奏功してトップ選手同士の接触事故に巻き込まれず、漁夫の利的に金メダルを獲得することに成功した。

・ ブラッドバリー選手の金メダル獲得シーン
http://www.youtube.com/watch?v=lfQMJtilOGg

このブラッドバリー選手の金メダル獲得こそが、まさにオリンピックで勝つこと(あるいはメダルを取るということ)の本質である。金メダルとは、けっして「自分に勝つ」ことではないのだ。他人に勝つ—-つまり競争において他者より先んじることであり、それ以外のなにものでもないのである。

この考え方—-つまり「勝負に勝つというのは、自分に勝つことではなく他人に勝つこと」というのは、数多くの勝利をものにしてきたいわゆる「勝負師」たちのあいだでは、ある種の自明の理としてとらえられてもいる。その実例は枚挙にいとまがないが、最も代表的なものとして、将棋の大山康晴とボクシングの輪島功一を挙げることができるだろう。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。