ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ゴジラが元ネタ!? 東大名誉教授が作った緊急地震速報のイヤーなアラーム音の秘密

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

20131219-221405

3.11以降、耳にすることが増えた”緊急地震速報”。あの不安と不快を湧き立たせるイヤーなアラーム音が、実はゴジラ音楽と関係しているのはご存じだろうか。

緊急地震速報を作ったのは東京大学の伊福部達(いふくべ とおる)名誉教授。伊福部教授は福祉工学の専門家で、聴覚や発声など音にまつわる支援をおこなってきた。

そんな教授にNHKが依頼したのが、あの緊急地震速報のアラーム。たかだか数秒の音ながら、「危険を知らせる」「すぐに行動したくなる」「難聴者にも聞こえる」など様々な条件が想定される難しい依頼だ。

作曲のヒントになったのが、あのゴジラの音楽だ。実は伊福部教授の叔父は、ゴジラ音楽の作曲家である伊福部昭氏。映画音楽を聞き込んできた教授は、映画のようなストーリー性を持たせることにより効果的なアラーム音を作り上げたのだという。

ゴジラ音楽を久しぶりに聞いてみると、確かに気持ちを掻き立てられ、逃げ出したくなってしまうもの。緊急地震速報のアラーム音と関係していると言われると納得してしまう。

ちなみに、そんな伊福部教授が12月21日(土)行われる知的科学イベント『第五回ニコニコ学会βシンポジウム』に登壇する。錯視や錯覚の研究者が自身の研究を100連発で発表する『研究100連発』セッションで音の世界の最前線を発表するとのこと。ニコニコ生放送での中継もあるそうなので、気になる人はチェックしよう。

第五回ニコニコ学会βシンポジウム
http://niconicogakkai.jp/nng5/

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
伊予柑の記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。