ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あの「成城石井」が本格ワインバーをオープン! 選りすぐりのワインと極上フードで成城石井ファンに

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

スーパーマーケットを展開してきた成城石井は12月17日(火)、初めての本格的なワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYOTOKYO(ル バーラ ヴァン サンカン ドゥ アザブ トーキョー)」を東京・麻布十番に開業しました。「Le Bar a Vin」とはフランス語で「ワインバー」の意味。1年52週、選りすぐりのワインと極上フードを楽しめる、新しいワインバーの登場です。
「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」では、成城石井が創業以来86年にわたり培ってきた調達力と開発力を最大限に活かし、世界中から取り寄せた上質なワインや普段なかなか手が出ない食材を、コストパフォーマンス高く提供します。

店主が選び抜いた“120種類以上”に及ぶ豊富なワインは、すべて産地から定温・定湿のコンテナで厳重に品質を管理しながら日本に運び、上質な本場の味わいそのままに楽しめます。グラスワインは、ハウスワインの「EPICERIE BONHEUR」や「シャトー・モンペラ」。また、52週で異なった味わいが楽しめる週替わりのワインも用意。

そしてこのワインバーは極上フードにも出会えるのが、成城石井のこだわり。ワインと食材の多くは、スーパーマーケット成城石井でも手に入るものを使用しています。
生ハムやチーズ、キャビアやフォアグラ、トリュフなどを使ったスペシャリテや、生ハムやチーズ、成城石井の安心・安全をクリアした素材が、美味しさを最大限に味わる調理法で52品のフードメニューに。量のボリュームも少なくないフードメニューたちは、成城石井の調達力によって驚くほどリーズナブルに味わうことが出来ます。

この“フォアグラとリンゴのソテー”は980円! 

噛むたびに和牛の甘い肉の旨みがにじみ出る“黒毛和牛のイチボ肉グリル”など、全メニューを味わいつくしたいほど、どれも絶品。フードメニューは、一流ホテルの調理人を経て、成城石井セントラルキッチンの洋食部門を支えてきた料理長が、社長に何度もダメ出しをされながらも作り上げたこだわりのメニューなんです。

さらに「Le Bar a Vin 52」自信の逸品は、何と言っても成城石井のスーパーマーケットとしての調達力を活かして集めた生ハム。世界三大生ハムの一つと言われるプロシュート・ディ・パルマとハモン・セラーノに、イタリアの希少なプロシュート・ディ・サンダニエーレ。それらは、本場の味を楽しんでほしいというおもいから、店内でオーダースライスして提供。スライスの厚さにもとことんこだわり、最適に薄く切り出されます。口の中に入れるとふわっととろけるこの感覚はぜひ体験してほしいです!
チーズもフランスやイタリアを中心にヨーロッパのチーズを多く取り揃え、一番のこだわりは「イタリアチーズの王様」とも言われる、パルミジャーノレジャーノ。ジャージー牛のミルクを30%も使用し、24ヶ月熟成させ、豊かな香りやコクがある逸品です。様々なフードメニューにもその場で削りたてをふりかけ、濃厚なうまみと香りを提供してくれます。

お店のビルの1F部分はスーパーマーケットの成城石井となっており、実際に料理に使っていた食材を購入することが出来ます。

売り場には、お店のロゴが目印についていてわかりやすい。

ワインがすすみ過ぎてしまうくらい、幸せな時間を過ごせる「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYOTOKYO」。あなたもさらに、成城石井のファンになるはず。

店名:Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO
営業時間:11:30~23:00 (金・休前日 11:30~29:00)
所在地:東京都港区麻布十番2-2-10 麻布十番スクエア2F
電話番号:03-5439-6403
座席数:64席 (営業面積:約52坪)
URL:http://lbv52.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。