体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

WWFがダジャレ!? 自分の食べ残しをおすそわけできるiPhoneアプリ『ZANPANDA』をリリース

残飯+パンダで『ZANPANDA』 WWFが自分の食べ残しをおすそわけできるiPhoneアプリをリリース

日本人の消費活動で、食べ物の生産や廃棄による環境への負荷は28%(WWFジャパン調べ)。食べ物の食べ残しや売れ残り、規格外品、原料廃棄などによる日本の“食品ロス”は、年間で500万~800万トンにものぼるそうです(FAO, 2011, 世界の食料ロスと食料破棄)。食べ残しをムダにしないために、「食べ残しをみんなで、シェア」をコンセプトにしたiPhoneアプリ『ZANPANDA』がリリースされました。名前はダジャレですがこちら、WWF(世界自然保護基金)がリリースしたマジメなアプリなのです。

『ZANPANDA』は、食べ残しが出たときに写真を撮って場所をシェアすることで、『Facebook』上の友人やアプリのユーザーに食べ残しを通知、「食べたい」とリクエストを送ったユーザーを承認して“おすそわけ”が成立するというiPhoneアプリ。その使い方は『YouTube』で公開された動画で分かりやすく解説されています。

食べ残しを撮影 アプリからシェア

レストランで注文しすぎて食べ残しを出してしまったカップル。アプリから写真を撮って、「おいしいピザです! 現地にて早いもの勝ちです」とシェアします。

通知を受け取ったユーザー ピザを求めて一目散

通知を受け取り、条件を確認したユーザーはピザを求めてお店へ一目散。

早いもの勝ち おすそわけ成立

一番早くお店に着いたユーザーが権利を獲得し、おすそわけ成立、というアプリ利用の流れがよく分かる内容になっています。

「食」から、地球の環境を考える ZANPANDA(YouTube)
http://youtu.be/AgnEQL2s0P4

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。