体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

減塩効果とうまみアップで目からウロコのおいしさ! “乳和食”を作ってみた

DSC_1043

ユネスコの無形文化遺産に登録されたことで世界からも注目を集める和食。そんな和食のよいところをひきたて、欠点を補ってくれる意外な食材は……牛乳

ヘルシーと言われる和食の効果を一層高め、過剰に摂取しがちな塩分を抑えることができる牛乳を使った和食“乳和食”。そのまま飲んだり、お菓子や飲み物、クリームシチューなどの洋食に使うイメージが強い牛乳と和食は合うの? 本当においしいの? 洋食っぽくなっちゃうのでは? 減塩効果はあるの? 本当においしくて効果的ならぜひ食事に取り入れたい、そんな牛乳を使った“乳和食”を実際に作ってみました。

ごちそうミルクちらし寿司

ガジェット通信でも紹介させていただいた『目からウロコのおいしい減塩 乳和食』から、1品目は見た目も美しい「ごちそうミルクちらし寿司」に挑戦。

ちらし寿司のどこにミルクが……と思ったら、手作りチーズをトッピングに、チーズを作るときにできた乳清(ホエー)で寿司ご飯を炊くとのこと。無駄がないですね。

まずは、カッテージチーズを作ります。チーズを自分で作れるなんて難しそう……そんなふうに思っている方にはびっくりの簡単さです。

カッテージチーズの材料(4人分のお寿司用)

・牛乳 500ml
・お酢 大さじ2杯半

カッテージチーズの作り方

(1)牛乳を火にかけます
(2)沸騰しかけたところで弱火にして、お酢を入れて静かにかき混ぜ、火を止めます

AIMG_2650

(3)牛乳が分離して濁りの少ない乳清が出てきたら、そのまま冷まし、ガーゼかキッチンペーパーを敷いたザルでこします

AIMG_2658

できあがり。すっごく簡単でしょう? お酢をレモン汁にしても良いですよ。

さて、チーズをこしたあとに残った黄色い液体。

AIMG_2665

これは乳清(ホエー)といって、牛乳のたんぱく質やミネラルがたくさん含まれ、すごく栄養があるそうです。

保湿効果もあるので化粧水としても利用されているほど。筆者も時々チーズは作るのですが、今まで乳清は捨てていました。もったいなかった……。乳清入りのごはんってどんな感じなのでしょう。それでは作ってみます。

乳清ご飯の材料(4人分のお寿司用)

・米 2合
・乳清 約360ml(足りない分はお水を加えます)

乳清ご飯の作り方

(1)お米をとぎます
(2)いつもはお水を入れるところを乳清を入れます。足りない分はお水を加えます

AIMG_2671

(3)炊飯器をスイッチオン。あとは炊飯器におまかせ

ごはんが炊けました。乳清を入れたので薄い黄色がかっています。

AIMG_2699

チーズと乳清を作る段階でお酢が入っていますが、そんなに気になりません。もちもち感とつやが増している感じがします。このご飯でハムとクリームチーズのおにぎりを作ったらおいしそう。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。