ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Huawei、Honorシリーズ新モデル「Honor 3X」「Honor 3C」を発表、8コアプロセッサや高性能カメラなどを搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Huaweiは12月16日、中国・北京でプレスカンファレンスを開催し、同社の人気スマートフォンシリーズ「Honor」の新モデル「Honor 3X」と「Honor 3C」を正式に発表しました。今回の新モデルでは、狭額縁デザインのボディ、Sony製の裏面照射型CMOSイメージセンサーを用いた高性能カメラ、MediaTekの新型プロセッサ、Huawei独自のカスタムUI「Emotion UI」の最新バージョン「Emotion UI 2.0」を搭載したことが特徴です(Windows Phoneのホーム画面っぽい感じですね)。また、通信機能では、GSM/WCDMA/TD-SCDMAのデュアル3G・デュアルSIMに対応しており、GSM/TD-SCDMAまたはGSM/WCDMAで着信を同時に待受けることができます。Honor 3Xは、5.5インチ1,280×720ピクセルのLTPS液晶(IPS方式)、MediaTek MT6592 1.7GHzオクタコアプロセッサ、2GB RAM、1,300万画素のExmor RSカメラ(F2.0・28mmレンズ)、前面に500万画素カメラ(F2.4・24mmrレンズ搭載)、3,000mAhバッテリーを搭載。DTSサラウンド機能やGSM/TD-SCDMAにも対Honor 3Xは、5インチ1,280×720ピクセルのLTPS液晶(IPS方式)、MediaTek MT6582 1.3GHzクアッドコアプロセッサ、2GB RAM、800万画素のExmor RSカメラ(F2.0・28mmレンズ、4cmの接写も可能)、前面に500万画素カメラ(F2.4・22mmレンズ)、2,410mAhバッテリーを搭載。カラバリは全6色Source : Weibo(Huawei Honor)



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC One maxとAlcatel OneTouch Idol SがPlayStation Certified端末に認定
NTTドコモ、「G2 L-01F」のソフトウェアアップデートを開始、docomo ID認証に対応など
AcerのLiquid Zシリーズ新モデル?「Z150」がBluetooth SIGの認証を取得

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP