ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米Mad CatzのAndroidコンソールゲーム機「M.O.J.O」が米国どなで発売開始、$249のTegra 4搭載端末

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Tegra 4を搭載した米Mad CatzのAndroidコンソールゲーム機「M.O.J.O」が米国など海外5カ国で現地時間12月10日に発売されました。予約開始から発売まで2カ月もかかりましたね。M.O.J.Oは、Androidゲーム(その他のアプリも)を自宅の大画面テレビ・モニタで楽しむことを目的に開発された小型端末です。まずはAndroidアプリが利用できますが、噂では、NVIDIA SHELDのようにPCゲームをストリーミングで楽しめる機能も追加されると伝えられています。M.O.J.Oの価格は$249(約25,000円)で、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツで販売されています。日本での発売予定は発表されていませんが、Amazon.comでも購入できるので、比較的容易に輸入できると思います。SHIELD相当のスペックを持つので、ゲーム体験は良いものだと思います。M.O.J.Oには専用のゲームコントローラー「C.T.R.L.R」が同梱しますが、マルチプラットフォーム対応のBluetooth Smartデバイスの製品ブランド”GameSmart”の下で発売される他のGameSmart機器を使用することもできます。「C.T.R.L.R.」は、GameSmartモード、Mouseモード、PCモードといった環境に応じて使い分けができるもので、ゲームをプレイすることはもちろん、2つのアナログスティックを使ってマウスカーソルを動かしたり、マルチタッチ機能を再現することも可能とされています。M.O.J.Oの主要スペックは、Tegra 4 T40S 1.8GHzクアッドコアプロセッサ、2GB RAM、 16GBストレージ、MicroSDカード/SDXCカードスロット(最大128GB)を搭載。ワイヤレス機能はWi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0に対応しています。搭載OSバージョンはAndroid 4.2.2(Jelly Bean)です。Source : BusinessWireAmazon.com



(juggly.cn)記事関連リンク
京王線/京王新線「新宿駅~笹塚駅」のトンネル内で12月17日より携帯電話サービスが開始
米国で「LG G Pad 8.3 Google Play Edition」の発送が開始
App Opsへの入り口がAndroid 4.4.2で塞がれる、Xposedモジュールをインストールすればまた使えるようになるけど

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP