ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

文化庁メディア芸術祭の受賞作品が発表に!受賞作を動画で紹介

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今年も発表されました!

年の瀬といえば、紅白でもプロレスでも『笑ってはいけない』でもありません。
いや、これらも相当に楽しみではありますが、今年で17回目を迎えた『文化庁メディア芸術祭』の発表も年の瀬です。
今年も様々な作品が受賞されました。

文化庁お墨付き、メディア芸術の最先端をしかと見よ

様々な作品が受賞しておりますが、ここでは大賞を取り上げます。以下、じっくりとご覧あれ!

アート部門:crt mgn / Carsten Nicolai


※映像が見られない方は下のリンクをご参照ください。

TVモニターのイメージが磁石の力をうけて変化する様を、視覚・聴覚で楽しむ芸術のようです。
目にも見えない、耳にも聞こえない。そんな電磁波を「見て」「聞いて」楽しめるようです。

エンターテインメント部門:Sound of Honda / Ayrton Senna 1989


※映像が見られない方は下のリンクをご参照ください。

本田技研工業のカーナビゲーションシステム「インターナビ」を使って、20年以上前に鬼籍に入ったアイルトン・セナ氏を音と光で蘇らせた作品です。これぞHondaの芸術的技術。

アニメーション部門:はちみつ色のユン


※映像が見られない方は下のリンクをご参照ください。

韓国系ベルギー人のユン監督が、自身の半生を描いた漫画を元に、ドキュメンタリー映画監督ローラン・ボアローと共同監督したアニメーションだそうです。朝鮮戦争後の韓国の子どもたちの自我生成を、ドキュメンタリーアニメーションという切り口で描いているんだとか。

マンガ部門:ジョジョリオン ―ジョジョの奇妙な冒険 Part8―

ご存知『JOJO』の第8部に位置する作品。その芸術性・演出力・挑戦的姿勢などはもちろん、東日本大震災を長期シリーズの中に取り込んでいることなどが評価されたようです。

六本木国立新美術館でのお披露目は2月!

これらの他にもスンバラシイ作品が受賞しており、これらが一堂に会するのは2月であります。
ぜひお足をお運びください。

2014年2月5日(水)~2月16日(日)
会場:東京都 六本木 国立新美術館
休館日:2月12日(水)
料金:無料

●画像はhttp://j-mediaarts.jp/?locale=jaより引用
●Youtube引用は以下より
http://www.youtube.com/watch?v=Sji_R58KVLE
http://www.youtube.com/watch?v=oeO2q8FzcnM
http://www.youtube.com/watch?v=m7uXEmGe7fM

※この記事はガジェ通ウェブライターの「写楽斎ジョニー」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。