ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

度付きレンズにも対応するコンピューター搭載眼鏡「ICIS」 Google Glassの強力なライバルに!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ウェアラブルコンピューターとして注目を集めるGoogle Glassだが、強力なライバルとなりそうな商品が登場した。米マサチューセッツにある社員5人だけのスタートアップが開発した「ICIS」だ。眼鏡にナビゲーションを映し出したり、写真や動画を撮影したりできるなどGoogle Glassとほぼ同じような機能を持つが、大きな違いは値段だ。Google Glassは1500ドル以下?とされているが、ICISは現在220ドルでプレオーダーを受け付けている。

Google Glassと同様、アプリをダウンロードしたスマホとBluetoothで連動する。アプリはiOS、Android、Windows Phoneに対応する見込み。スマホが受信したFacebookやTwitterといったソーシャルネットワークなどのアップデートが視界の端に表示され、いちいちスマホを取り出してチェックしなくてもよいというわけだ。どのサービスを眼鏡に表示するかはアプリで設定できる。

また、この眼鏡のアーム部分をタッチして写真・動画の撮影や録音ができ、スピーカー機能をコントロールすることもできる。開発したスタートアップ「LaForge Optical」の創設者の1人によると、バッテリーやBluetoothアンテナなどはすべてフレームの中に埋め込まれていて、Google Glassのように「いかにもガジェット」的ではなく、通常の眼鏡のような外観をしているのも売りのひとつだ。

同社は現在、数量限定ながらサイトでプレオーダーを受け付けている。価格は220ドルで、送料は米国・カナダが15ドル、そのほかの国へは50ドルとなっている。また、同社は間もなく資金調達サイト「Kickstarter」でもキャンペーンを展開する見込みだが、価格は400ドルとする予定という。

LaForge Optical

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP