ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 4.3.1ベースのCyanogenMod 10.2.0安定板がリリース、開発はAndroid 4.4(KitKat)にシフト

DATE:
  • ガジェット通信を≫

CyanogenModの開発チームは12月3日、「CyanogenMod 10.2.0」安定板のリリースを発表しました。今回安定板としてリリースされたCyanogenMod 10.2.0は、AOSPで公開されているAndroid 4.3.1(Jelly Bean)のソースコードをベースに開発されたバージョンです。CyagenoMdoの特徴は、標準Androidの外観を維持しつつ、Androidコミュニティで開発された様々な機能を利用できるようにしたところと、自分でパフォーマンスチューニングを行えるところです。既存の安定板「CyanogenMod 10.1.X」からの変更点としては、OSバージョンアップによりBluetooth v4.0やOpenGL ES 3.0をサポートしたほか、マルチユーザー機能で制限付プロフィールを利用できるようになったことなど。CyanogenModの開発チームは、当面の間はCyanogenMod 10.2.0のNightlyを提供しながら安定板をアップデートしていく傍ら、ベースシステムをAndroid 4.4(KitKat)にバージョンアップし、まずはNightlyビルドをリリースする作業に本格的に取り組むと述べています。Source : CyanogenMod



(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS Japan、24,800円の8インチAndroidタブレット「MeMO Pad 8(ME180A)」を12月下旬に国内発売
Sony Mobile、12月16日に中国でTD-LTE対応のXperia Z1(L39t)を発表へ
中国 JXDの新型Androidゲーム機「JXD S5800」は音声通話・パケット通信にも対応したスマートフォン仕様の製品

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP