体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【レビュー】防水なのに指紋認証も通る!耐衝撃!なiPhoneケース『aXtion GO/Pro』

aXtionシリーズ

今回のレビュー製品はジョイファクトリーが本日6日(金)に発売するiPhone5/5s専用ケース『aXtion Go(アクション・ゴー)』と、堅牢性・防水性をさらに高めた『aXtion Pro(アクション・プロ)』の2種類。

IMG_2266_f

iPhone最大の弱点は水没と落下

発売元であるジョイファクトリーが行った調査によると、一般的なスマートフォンの損傷原因は次の通り。

・スクリーンの傷:37%
・飲み物のこぼれ:29%
・高所からの落下:29%
・トイレでの水没:20%

本製品はiPhoneにとっての最大の弱みである「水没」と「落下」から守ることを想定し開発されたという。また、アウトドア環境での利用を想定した設計もされているので、ウィンタースポーツなどのアクティブな活動時でも、iPhoneを守ってくれるのだ。

水浴び8

防水・耐衝撃でも使い勝手は落としたくない

それぞれの製品で共通しているのは、強靭さと使い勝手の両立だ。
まず、マイク/スピーカー部分の被膜には「水は通さず、音だけを通す」というIntelli-filter特殊被膜を採用。
液晶面の保護フィルムは、高い衝撃吸収性を誇りながらもスムーズな操作性を維持している。使ってみたところ、違和感の無さは想像以上だった。

aXtionシリーズとiPhone

カメラレンズ部分は二重コートの反射防止素材を使用し、キズや曇りのないクリアな写真を実現している。大開口デザインのため、フラッシュ光の反射も回避できている。

PROカメラ部分

ボリュームボタンはあえて+が大き目に設計されているので、写真撮影時やポケット中でのボリューム調節などで役に立ちそうだ。

PROボリューム部分

そして、それぞれの“iPhone5s向けモデル”については、「TouchID」対応技術が搭載されている。『Accu Touch』と名付けられた新技術(特許出願中)のおかげで、完全カバーされたままでも指紋認証が行えてしまうのだ。

PRO Accu Touch GO Accu touch
1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。