体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新世代“マイクロ一眼”のエントリーモデル登場『OLYMPUS PEN Lite E-PL1』

pene-pl1_1

オリンパスイメージングは、マイクロフォーサーズシステム規格に準拠した新世代“マイクロ一眼”『OLYMPUS PEN』シリーズのエントリーモデル『OLYMPUS PEN Lite E-PL1』を3月5日に発売します。価格はオープンです。

フラッシュを内蔵しながら、小型軽量化を実現。一眼レフを初めて触るユーザー向けに携帯性を高めました。ボディはホワイト、シャンパンゴールド、ブラックの3色が用意されています。

写真の明るさや色合い、背景のボケ具合などを、直感的な操作で簡単に設定できる新しいユーザーインタフェース『ライブガイド』を採用。カメラ任せのオート撮影だけでなく、写真のできあがりに自分の意図を加えてみたいというカメラ初心者にも、一眼ならではのテクニックを駆使できます。被写体や目的に合わせてアングルや構図選びなどのアドバイスが液晶画面に表示する「撮影のヒント」機能も利用可能。

動画撮影では、専用のボタンを装備。動画モードに設定していない場合でも、すぐに720pのハイビジョンムービーを撮影できるようになりました。撮影時の臨場感を鮮やかに再現する仕上がりモード『i-FINISH』は、『PEN E-P2』に続き採用しています。

pene-pl1_2

同時に各種アクセサリーも発売されます。本格的な水中撮影を手軽に楽しめる『PT-EP01』は、40mの耐圧水深仕様の専用防水プロテクター。『PEN Lite E-PL1』に搭載する『水中マクロモード』『水中ワイドモード』を利用して、色鮮やかな水中写真を撮影できます。2灯フラッシュ対応の光コネクタを介して、別売りの水中専用フラッシュ『UFL-2』も使用可能です。3月5日の発売で、価格は7万4550円(税込み)。

pene-pl1_3

『CS-13FBCBLK』(ブラック)と『CS-13FBCWRD』(ワインレッド)は、フルカバータイプの本革製カメラケース。カメラ本体に『M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6』または『M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6』のレンズを取り付けたまま収納が可能です。3月5日の発売で、価格は9450円(税込み)。

pene-pl1_4

『CS-17BWHT』(ホワイト)と『CS-17BBLK』(ブラック)、『CS-17BBRW』(ブラウン)は、カメラボディのデザインを楽しみながらも傷つきやすい部分を保護する本革製ボディジャケット。装着した状態で液晶画面を見ながら撮影・再生ができます。3月中旬の発売で、価格は5670円(税込み)。

pene-pl1_5

『CBG-4BEG』は、カジュアルな雰囲気のカメラバッグ。帆布風の綿素材で、取り外し可能なクッション性のあるインナーケース構造。肩掛けベルトは取り外し式で、手提げとしても利用できます。3月5日の発売で、価格は5040円(税込み)。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。