ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Windows用root化ソフト「Kingo Root」がAndroid 4.3のroot化に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

様々なAndroid端末をほぼワンクリックでroot化できるWindowsソフト「Kingo Root」が11月21にリリースされた1.1.4版でAndroid 4.3(Jelly Bean)を搭載した端末のroot化に対応しました。Kingo Rootは、eRootやvRoot、360rootのようなマルチデバイス対応のroot化ソフトです。Samsung、Sony Mobile、LG、HTC、Motorolaなど、様々なメーカーの端末をroot化できるとされています。今回Android 4.3のroot化に対応したということで、試しにNexus 7(2013)をAndroid 4.3(JSS15R)に戻して試してみました。結果は問題なくroot化できました。また、とある方からの情報提供として、「10.3.1.B.0.224」ビルド(Android 4.2.2)を搭載したXperia A SO-04EもKingo Rootの最新版でroot化できたそうです。次のスクリーンショットは情報提供者の方からいただいたものです。確かにroot化されていますね。Source : Kingo Root(ダウンロード先)※Iさんありがとうございました。



(juggly.cn)記事関連リンク
HTCが新しいHTC Oneゴールドバージョンを発表、欧州で発売
LG G Flexの第2弾モデルは90度曲がるスマートフォン?
HTC、Antutuアプリで36,000点を叩き出す「HTC 0P6B120」を開発中、次期フラッグシップ「HTC M8」か?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP