ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アプリを改変することなくROMをカスタマイズできる「Xposed」が最近リリースされたXpesed Installer v2.4 Beta1でAndroid 4.4(KitKat)に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アプリを改変することなくROMをカスタマイズすることができるAndroid用フレームワーク「Xposed」が最近リリースされたXpesed Installer v2.4 Beta1でAndroid 4.4(KitKat)に対応しました。Xposedは、Android端末の外観やアプリの機能を専用の開発されたモジュール(実際の機能変更ツール)のサポートする範囲で好きなように変更できるようにする独自のフレームワーク。これがAndroid 4.4(KitKat)に対応したことで、Nexus 5やAOSP版Android 4.4を搭載したroot化済み端末でXposedモジュールを利用できるようになりました。Xpesedモジュールを利用するにはroot化済みの端末に下記のリンク先で配布されている「Xposed Installer」アプリをインストールして、アプリ内でXpesedフレームワークを導入します。次に、アプリ内で実際にカスタマイズ機能を提供するXposedモジュールを「ダウンロード」タブより入手。それぞれapkファイルを手動インストールするのと同じようにしてインストールし、「モジュール」タブでXposedモジュールにチェックを入れます。後は端末を再起動すれば有効になります。Android 4.4向けのXposedモジュールとしては、今のところ、アプリに対してバッテリーステータスへのアクセスを許可する「Enable BateryStats Permission」が公開されています。既存のXposedモジュールも利用できるので、すぐにいろんな部分をカスタマイズできると思います。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
Amazon.co.jpが今月中にテレビ番組と映画のオンデマンド配信サービスを開始するとの報道
TCL、MediaTekの8コアプロセッサを搭載した「Alcatel OneTouch Idol X+」を開発
NTTドコモ、中断していた「AQUOS PHONE ZETA SH-09D」のAndroid 4.1.2アップデートの配信を再開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP