ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タワー音楽ニュース的♪今週のレコメン盤(2013/11/18~11/24)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

〈NO MUSIC, NO LIFE.〉な生活を送るタワーレコード音楽ニュースのスタッフが、今週リリースされた作品のなかから注目のアイテムを、普段のニュースでは紹介できなかったものを中心に独断でピックアップ!

 

3300497:R
【ROCK】
downy 『無題』
(felicity) ※『無題』はタイトルではありません。

2000年代初頭の日本のオルタナティヴなロック・シーンにおいて、ヒップホップやエレクトロニカの要素を消化したバンド・サウンドと散文詩を思わせる独特のリリック、音楽とリンクする映像表現などで高い人気を集めたdownyが、活動休止を挟み約9年ぶりの新作をドロップ。各メンバーが休止期間中に培ったスキルが集約され、さらなる高みに到達した1枚。

 

3304345:R
【POPS】
i☆Ris “WONDERLAND”
(avex)

81プロデュース所属のフレッシュな声優6人によるアイドル・ユニットのデビュー1周年シングル。表題曲“幻想曲WONDERLAND”はタンポポ“乙女 パスタに感動”などの仕事で知られる名匠・永井ルイが手掛けたメルヘ~ンなポップ・チューン。〈TYPE-C〉盤には同じく永井が編曲から楽器演奏までを担当した、すかんち“もしも毎日がクリスマスだったら”のカヴァーも!

 

3302743:R
【POPS/PSYCHEDELIC】
禁断の多数決 『アラビアの禁断の多数決』
(AWDR/LR2)

富山で生まれた〈少し、不思議〉な6人組バンドによるセカンド・アルバム。片想いやNabowaも参加した本作は、話題を集めた2012年発表の『はじめにアイがあった』以上に〈奇妙奇天烈摩訶不思議〉な内容ながら、先行リリースされた“トゥナイト、トゥナイト”などキャッチーかつスウィートなポップ・チューンも多数収録。彼らの今後の変化がさらに楽しみになるような1枚。

 

3319006:R
【FUNK】
THE CACTUS CHANNEL 『Wooden Boy』
(Hope Street Recordings)

オーストラリアの人気レーベル、ホープ・ストリートに所属するメンバーのほとんどが10代という新鋭バンドのセカンド・アルバムにして日本デビュー盤。5人のホーン隊を含む総勢10人で放つ濃厚なファンク・サウンドを全面に押し出した疾走感溢れるアッパー・チューンから、アフロやエスニックの要素を加えた楽曲、映画音楽的なスケールの大きいナンバーまで、多彩かつ味わい深いトラックばかりが詰め込まれている。

 

3336944:R
【NU DISCO】
IDJUT BOYS 『More Or Less』
(calentito)

ニュー・ディスコの雄、イジャット・ボーイズが今月に行った活動20周年記念のジャパン・ツアーに合わせ、彼らのレーベル〈U-STAR〉に残された唯一のコンピが新装パッケージで限定復刻。レイ・マンことラジ・グプタとの共作曲を含むオリジナル盤と、イジャット自らの手によるミックスCDの2枚組。

 

3330860:R
【REGGAE / DUB / SOUL】
LORD ECHO 『Curiosities』
(Wonderful Noise)

レゲエを軸にソウルやジャズをクラブ・ミュージック的な視点で融合させた極上のグッド・ミュージックをニュージーランドから届ける、マイク・ファビュラスのプロジェクトによる2作目。なかでもファラオ・サンダースが69年に発表したスピリチュアル・ジャズの名曲“The Creator Has A Master Plan ”のダンサブルなカヴァーは圧巻の出来栄え。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP