ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

有料アプリが全て割引価格のAndroidアプリストア「Appmart」がオープン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビジュアルワークスとアナザーレーンは11月20日、Androidアプリを配信するアプリストア「Appmart」をオープンしましたAppmartは、‟アプリのスーパーマーケット”をコンセプトにしたアプリストアで、有料アプリやアプリのアドオン課金コンテンツ、月額課金コンテンツを同社負担によって他のアプリストアよりも安く提供するという取り組みを行っているのが特徴です。有料アプリは基本最大20%で販売されていますが、それとは別に「タイムセール」と称した一定期間最大50%割OFFで販売する取り組みも行っています。AppmartはAndroidアプリを通じて利用できます。アプリ自体はGoogle Playストアで配信されていないので、同サービスの公式サイトよりapkファイルを入手し、手動でインストールする必要があります。また、アプリを購入するには別途Appmart専用のIDを作成する必要もあります。Appmartは始まったばかりのサービスということで、現在のアプリ数は数えられるほど少ないです。同社はDeveloper登録受付も行っており、手数料は他のアプリストアよりも安い10%なので、興味のあるアプリ開発者、企業の方は登録を検討してみてはいかがでしょうか。Source : Appmart(アプリダウンロード)(Developer登録サイト



(juggly.cn)記事関連リンク
中国Zopo、MediaTekの8コアプロセッサを搭載したAndroidスマートフォン「Zopo ZP998」を発表、
Androidタブレット向けGoogle Playストアのトップリストのデフォルト表示が「タブレット向けに設計」に変更
Sony Mobile、Xperia SPのAndroid 4.4アップデート実施を決定、Xperia T/TX/V/ZRについても検証中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP