ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版「Oprea 18」がリリース、タブレットUIがデスクトップブラウザ風に刷新

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Opera Softwareは11月20日、Android向けOperaブラウザの最新安定板「Opera 18」をリリースしました。Opera 18でWEBページのレンダリングエンジンはChrome 31ベースに刷新されました。特出すべき変更点としては、Nexus 7やNexus 10などのタブレット用のユーザーインタフェースが刷新されたことです。前回バージョンまではスマートフォン版と同じレイアウトのUIが表示されていましたが、Opera v18でデスクトップブラウザのようにタブが上部に表示され、アドレスバーには「戻る」「進む」の操作ボタンと「O」アイコン内にあった「スピードダイヤル」ボタンが追加されました。おそらくスマートフォン版よりも使いやすいのではないかと思います。Oera 18では上記のほか、検索エンジンリストの表示改善、リモートデバッグ機能の追加、フルスクリーンでの動画再生問題の修正、物理ボタンを搭載した端末においてスピードダイヤルの「ディスカバー」画面でバックボタンを押すと発生していた問題の修正、ソフトウェアキーボードが表示されたままになる問題の修正、キャッシュページを表示中にキーボードを隠げるとページが更新される問題の修正も行われています。「Opera」(Google Playストア)Source : Opera Sofrware Press Release



(juggly.cn)記事関連リンク
Googleが決済サービス「Google Wallet」に対応したプラスチック製カードの発行を開始
Sony Mobile未発表機種「D5503」がインドネシアで認証を取得、実在することが判明
Motorola、Android 4.4(KitKat)へのアップデート対象にDroid RAZR MやRAZR HDなど6機種を追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP