ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Androidアプリ「franco.Kernel updater」がNexus 5やKitKat端末に正式対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Nexus 5でFrancoカーネルを利用している方に嬉しいお知らせです。Francoカーネルのアップデートやカーネル設定を変更できるアプリ「franco.Kernel updater」がv11へのアップデートでNexus 5と他のAndroid 4.4(KitKat)端末に対応しました。アプリがNexus 5に対応したことで、現在開発が進められているNexus 5用のFrancoカーネルをアプリ内でアップデートすることが可能になりました。ただし、Francoカーネルは現在のところベータ版なので、利用するには注意が必要です。Francoカーネルは同日リリースされたBeta 13で、ホットプラグコントロールをサポートし、タッチ時にアクティブにするCPUコア数やスリープ中の最大CPUクロック数を変更することが可能になりました。v11では対応OSの拡大のほか、アプリUIの刷新も行われました。主な変更内容としては、外観をKitKat風にしたところや、各設定項目の説明を削除して表示をシンプルにしたところ、各設定を最初に表示する際にチュートリアルを表示するところなどです。しかし、現行バージョンでは日本語化は行われていません。「Franco.Kernel Updater」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
2013年Q3の国内スマートフォン出荷台数は688万台、AppleとSony Mobileのシェアが大幅に拡大
Xperia Z1のカメラ起動音やシャッターキーによる連写を停止できるXpesedモジュール「Z1 Camera Tweaks」が公開中
米Amazon、Kindle Fire HDとKindle Fire HDXにFire OS 3.1を提供開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP