ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

35mm広角&30倍ズーム搭載のフルハイビジョン対応ムービーカメラ『Xacti DMX-SH11』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
0242125_02

三洋電機は、1台でムービーと写真撮影が可能な“デュアルカメラ”がコンセプトの『Xacti』シリーズ新製品として、35mm広角と30倍ズームを搭載した『DMX-SH11』を2月下旬に発売します。カラーはブラックとレッドの2色。価格はオープンです。

ムービーのズーム機能に『アドバンストズーム』を採用し、動画撮影でも35mmフィルム換算で35mmの広角撮影を実現しているほか、30倍ズームにより1050mmまで対応。広角側のワイド化と高倍率のズームの両立により、近くから遠くまで広い領域で撮影が可能になりました。

重量が約204g、薄さ約43mmと、ハイビジョンビデオカメラの中ではトップクラスの小型化を実現。ふだんから携帯でき、ムービー撮影のチャンスを逃しません。

1920×1080ピクセルのフルハイビジョンムービーは、パソコン(PC)やウェブで利用しやすいMPEG-4 AVC/H.264フォーマットで保存。『Windows 7』に標準でサポートされているフォーマットのため、静止画同様にサムネールを表示したり、『Windows Media Player』でダイレクトに再生できるなど、PC上で扱いやすくなりました。内蔵メモリーは16GBで、32GBまでのSD/SDHCメモリーカード、64GBまでのSDXCメモリーカードに対応します。

シーンに応じて音声をクリアに記録する『サウンドズーム機能』、映像のズームに合わせて指向性や収音方向を自動的に変更する『ズーム連動モード』など3種類のマイクモードも搭載。手ブレ補正機能や顔検出機能はムービーと静止画のいずれも対応し、静止画撮影では『色検出追尾機能』に対応します。

『DMX-SH11』主な仕様
撮像素子:1/3.6型 約430万画素原色CMOSセンサ
静止画有効画素数:約400万画素
ムービー有効画素数:約350万画素(フルHD/HD)、約400万画素(SD)
記録媒体:SDメモリーカード、SDHCメモリーカード(32GBまで対応)、SDXCメモリーカード(64GBまで対応)、内蔵メモリー16GB
記録ファイルフォーマット:
静止画 JPEG形式(DCF、DPOF、Exif ver2.2準拠)
ムービー ISO標準MPEG-4 AVC/H.264規格準拠
音声 48kHzサンプリング、16ビット、2チャンネル、AAC圧縮
レンズ:光学ズーム 23倍、焦点距離 f=4.0~92.0mm、開放F=3.5(ワイド)~4.1(テレ)、35mm換算の静止画 f=35~805mm(光学ズーム23倍)、35mm換算のムービー f=35~1050mm(アドバンストズーム30倍)
撮影範囲:50cm~∞(ワイド)、1.0m~∞(テレ)、スーパーマクロ1cm~1m(ワイド)
デジタルズーム:撮影時は最大約50倍、再生時は最大約58倍(10Mモード時、解像度により異なる)
静止画撮影感度:ISO50~400相当(オート)、ISO50/100/200/400/800/1600/3200(マニュアル)
液晶モニタ:2.7型低温ポリシリコンTFTカラーワイド液晶 約23万画素
インタフェース:AV出力、HDMI/コンポジット(NTSC/PAL対応)、USB 2.0(ハイスピードモード対応)
電源:リチウムイオン電池×1個
本体サイズ:W42.8×D117.9×H59.2mm
重量:約204g(本体のみ)、約235g(電池、SDメモリーカード込み)

■関連記事
世界最小・最軽量・最薄、フルハイビジョン対応のデュアルカメラ『Xacti DMX-CS1』発売へ
ズームしても手ブレが少ない! ソニー、デジタルハイビジョン『ハンディカム』2シリーズ6機種発売へ
画質・感度性能・手ブレ補正を強化! ビクター、ハイビジョンメモリームービー『Everio GZ-HM1』発売

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。