ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『アメトーーク!』の「好感度低い芸人」でキンコン西野が鈴木おさむに土下座謝罪 遺恨解消もネットでは賛否両論

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

先日、11月14日テレ朝『アメトーーク!』の「好感度低い芸人」にキンコン西野や品川出演 ネットの声「河本と梶原は?」という記事にてお伝えした『アメトーーク!』が14日に放映された。放映中も『Twitter』などでは「河本や梶原は?」といった書き込みが相次いでいたこの番組、後半に放送作家の鈴木おさむさんが登場した。

以前キングコングの西野さんは、鈴木さんの小説『芸人交換日記』を『Twitter』で

「ちっとも面白くないし、都合よく乗っかる芸人はもっと面白くないですね」

と批判し鈴木さんの妻である森三中の大島美幸さんが激怒。西野さんが謝罪の手紙を送ったと報道されていた。今回、その騒動以来はじめて鈴木さんと西野さんが対面、西野さんは土下座して謝罪を行った。

番組でのこの一連のやりとりで、芸能ニュースでは「九か月ぶりの和解」といった具合に報じられたのだが、『Twitter』上では
「和解できてよかった」
という声がある一方、
「面白かったのに鈴木おさむが出て来てシラけた」
「鈴木おさむを批判することは許されないの?」
といった声も。『Twitter』のトレンドには「アメトーーク」「西野」「鈴木おさむ」といった語句が並び、賛否両論でかなり話題になっていたようである。

番組では、「好感度低い芸人」6人の中で誰が一番好感度が低いかという200人アンケートを行っていた。その結果

1位 キングコング・西野亮廣
2位 品川庄司・品川祐
3位 ピース・綾部祐二
4位 スピードワゴン・井戸田潤
5位 ジャルジャル・福徳秀介
6位 陣内智則

となり見事“キングオブ低好感度”に輝いた西野さん。
翌15日には

「『好感度低い芸人』の反響は凄まじく、放送一時間でフォロワーが7000人増えました。機会を作ってくたさった片山さん、加地さん。 助けてくださった先輩方、鈴木おさむさん。 そして、番組を観てくださった皆様、どうもありがとうございました。」
「昨日のアメトーーク出てたん? 言ってよー!」と、母ちゃんから電話がありました。 言えるわけなかろうが。
(ID:‏nishinoakihir)

とツイートしている。

※画像は『Twitter』より引用

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP