ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドラえもんが3DCGアニメ化でキャラ造形リアル過ぎ スネ夫の造形やしずかちゃんの風呂場は?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


藤子・F・不二雄の人気漫画『ドラえもん』が今までにないチャレンジを挑もうとしている。それはドラえもん誕生してから40年経ち初の3DCGアニメが来年の夏に劇場公開される。タイトルは『STAND BY ME ドラえもん』で監督は八木竜一と山崎貴。

ストーリーは原作でも描かれた初めてドラえもんと出会うシーン、そして6巻の「さようなら、ドラえもん」更にのび太としずかちゃんが結婚する結婚前夜など名作シーンをベースにしたものとなる。

なお通常ドラえもんの劇場は春に公開されていたが、来年の春にも恒例の劇場ドラえもん『映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 ~ペコと5人の探検隊~』が公開予定となっている。
3DCGになったことで最も疑問なのがスネ夫の髪と口の造形なのだが、うまいこと表現出来ているのだろうか。あとしずかちゃんのパンチラね。
こちら『STAND BY ME ドラえもん』のトレイラームービーは下記のYouTubeよりご覧になれる。

[STAND BY ME ドラえもん]ムービー

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP