ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ゾウ対カバ」陸上最強生物はどっち? その答えを捉えた決定的瞬間

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


「ライオン対トラ」「トラ対クマ」「カバ対サイ」「バイソン対グリズリー」「カブトムシ対クワガタムシ」――自然界では通常起こり得ない対決も含め、男の子が大好きな生物の異種格闘技戦。そのテーマの1つに完全決着をつける、決定的瞬間が捉えられMailOnlineに掲載された。

動物写真家のRian Van Schalkwyk氏が撮影したこの写真は、アフリカ南西部のナミビア共和国で、水辺に面したレストランの展望デッキから観察されたもの。

水不足が続いている今年は、20頭近くのカバがこの水辺に集まっていた。そこへ近くの茂みから1頭の巨大なオスのゾウが現れた。カバとゾウは、最初は互いに適当な距離を保ちつつ水を利用していたのだが、そのうち距離が接近しすぎてしまった。ゾウは耳を揺らして威嚇した後、カバの群れに突進。子供をカバおうとした1頭の母カバが転がされてしまった。しかしゾウはそれ以上攻撃を加えることはなかったという。

ご存知の通り、カバはアフリカの現地住民に最も恐れられている野生動物で、年間平均2900人もの死者を出している。最大で3トン近くにもなるずんぐりとした図体のクセに時速40kmもの速さで走り、縄張り侵入者への攻撃性も強い。アゴの力も強く、ワニを噛み殺した記録も残されているほどだ。このような理由から、「カバこそ陸上最強動物!」と考える人も多かった。

しかしそのカバも、最大10トンにもなるオスのアフリカゾウの前にはひとたまりもなかったことが判明してしまった。鼻先だけでカバの巨体を転がし、そのまま立ち去る王者の風格には、カバ最強論者も押し黙るしかないだろう。

この写真を見たイギリスと日本のネットユーザーは、以下のようなコメントを書き残している。

車より重い1.5トンのカバを頭突きでひっくり返せるのはゾウさんだけ
動画でよこせ
こんな怖いのゾウさんじゃない
ディズニー映画とは違うのだよ
カバが俺の嫁に似ている件
動物番組では大型動物扱いされてるカバもオスゾウの前ではこんなもんか
カバさんも大した怪我をしてないようでよかった
トドメを刺さない象の優しさに感動した
カバ雑魚すぎワロタwww
カバ厨だけどこれは敗北を認めざるを得ない
カバ厨「す、水中では最強だから……」
鼻であしらうってまんま像のための言葉だよな
結局カバは「思ったより強い」ってだけなんだよな

ほとんどのカバ最強論者は素直に負けを認めていた。しかし今度は「じゃあサイはどうなんだ」とか「後ろ蹴りでライオンを殺すキリンが最強」などと言い出す者もいて、やはり「最強動物ランキング」への興味は尽きないようだ。

ソースと画像:MailOnlineより引用[リンク]
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2500717/Angry-elephant-flips-mother-hippopotamus-air-trunk-tries-protect-calf.html

※この記事はガジェ通ウェブライターの「ろくす」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP