体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オーストラリア・ノーザンテリトリー観光レポート エアーズロックが迎えるレッドセンター編

オーストラリア・ノーザンテリトリー観光レポート エアーズロックが迎えるレッドセンター編

みなさん、オーストラリアに行ったことはありますか? ゴールドコースト、シドニー、メルボルン、キャンベラ……さまざまな観光地があるオーストラリアですが、これからは“ノーザンテリトリー”に注目。オーストラリアの“へそ”である“ウルル(エアーズロック)”で知られる、オーストラリア中央部から最北端にかけてのこのエリアは、砂漠あり湿原あり海ありと、太古からの手つかずのまま広がる広大な自然や先住民、アボリジニの文化に触れられる刺激満載の一大観光エリアです。ガジェット通信はノーザンテリトリー政府観光局の協力のもと、有名なエアーズロックではなく、あえて未知の魅力が詰まったノーザンテリトリー北部の“トップ・エンド”地域を取材してきました。“トップ・エンド”の取材レポートを中心に、ノーザンテリトリーの魅力を全3回のシリーズでお届けします。第1回は、ノーザンテリトリー入門編。誰でも知っている世界遺産、エアーズロックを擁するエリア“レッド・センター”について、ノーザンテリトリーの概要とあわせてご紹介します。きっと行ってみたくなりますよ。

レッドセンターの観光情報は、ノーザンテリトリー政府観光局の公式サイトや『All About』のノーザンテリトリー特設サイトで詳細をご覧ください。

ノーザンテリトリー政府観光局の公式サイト
http://www.australiasoutback.jp/[リンク]

「未知が、満ちてる。」さあ!オーストラリアノーザンテリトリーの旅へ! (All About)
http://allabout.co.jp/1/236556/1/product/236556.htm[リンク]

ノーザンテリトリーとは?

Googleマップより引用

オーストラリアの中央部に位置するノーザンテリトリーは、別名、北部準州と呼ばれる地域。大きく分けて、北部の“トップ・エンド”と中央部の“セントラル・オーストラリア”という2つのまったく異なる自然環境が交わる場所です。日本の約3.5倍もある広大な土地は、州都ダーウィンとその周辺、カカドゥ国立公園&アーネムランド、キャサリンとその周辺、テナント・クリーク&バークリー地域、“レッドセンター”と呼ばれるアリス・スプリングスとその周辺およびウルルとその周辺の6エリアに分かれています。日本からのアクセスは、トップ・エンドにある州都ダーウィンまではシドニー、ケアンズやシンガポール、マニラ経由の便があり、レッド・センターのアリス・スプリングスやエアーズロックへはシドニー、ケアンズ経由の便が便利です。

気候は、豊かな湿原地帯や熱帯雨林のある熱帯気候に属するトップ・エンドに対し、準乾燥帯気候のレッド・センターは、年間を通じて乾燥しているのが特徴です。南半球にあるので、夏季と冬季が日本とは反対になることに注意。

ノーザンテリトリー ノーザンテリトリー

2012年に日本からオーストラリアに渡航した日本人旅行者は約35万人でしたが、ノーザンテリトリーは日本人観光客にとってまだまだなじみの少ないエリアです。逆に言うと、シドニーやケアンズからひと足伸ばせば、太古のままの手つかずの大自然や沿岸部とは異なるユニークな文化体験、リゾートライフを楽しめる観光地が広がる穴場スポットがノーザンテリトリーにはあるのです。

1 2 3 4次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会