ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Z用のAOSP版Android 4.4(KitKat)がXDAで配布中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony MobileのXperia Zで利用可能なAndroid 4.4(KitKat)のAOSP版ROMがXDA Developersで配布されています。このROMは、AOSPでリリースされたAndroid 4.4(KRT16Mビルド)のソースコードをベースにROM開発者が独自にビルドしたものです。公式版ではありませんし、まだ移植作業を始めたばかりのビルドなので、正常に動作しない機能もあるとされています。AOSP版ROMの導入方法は、下記のリンクで配布されているROM本体「pavx_aosp_yuga-3.1.zip」とGApps「gapps_44_yuga-2.tgz」をダウンロードしてXperia Zの内蔵ストレージにコピー。ClockworkModリカバリのROMフラッシュ機能を利用してROM本体とGAppsを順にインストールします。現行最新のv3.1では、Wi-Fi、オーディオ、カメラ、電話・SMS、GSMデータ通信、GPS,NFC、/dataの暗号化、動画のハードウェアデコード、自動輝度設定などのほとんどの機能は正常に動作するものの、オペレーターの手動選択やカレンダー同期が正常に機能しないなど、一部動作不良があるとのことです。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「ARROWS X F-10D」のAndroid 4.2(Jelly Bean)アップデートを開始
ファイル転送アプリ「PushBullet」がソーシャル化、友人のメールアドレスにファイルを送信することが可能に
Samsung、12.2インチと13.3インチのタブレットを2014年に発売する計画

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP