ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『大合奏!バンドブラザーズP』で楽曲ダウンロードに60円の課金制度 5か月でゲーム内通貨が無効になる理由は?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


昨日20時から行われた『ちょっと Nintendo Direct』にて発表された『大合奏!バンドブラザーズP』。この作品は『ニンテンドー3DS』で11月14日に発売されるタイトルで、今作はヤマハのボーカロイド技術を使い自ら作曲した曲や耳コピした曲をネット上に配信することが可能。

そんな曲をダウンロードするのに今回はトマトを使うのである。トマトは1個60円で購入する制度となっている。つまりトマトは『大合奏!バンドブラザーズP』内の通貨なのである。そのトマトは5か月経つと腐ってしまい使えなくなるというルールが設けられている。これにユーザー達は「なぜ課金したゲーム内通貨が使えなくなるのか」と疑問に思っているようだ。

今回はそんなトマトによるゲーム内通貨と、5か月で腐る理由を解明したいと思う。

まずトマト通貨は楽曲ダウンロードの対価を著作権団体に支払う物なのであろう。中には音楽著作権団体に関係のない自作の曲も存在するが、一括させるために60円必要としている。前作の4000曲を変換してくれた手数料かもしれない。そしてそのゲーム内通貨トマトが5か月で使えなくなる理由だが、それは法律が関係していそうだ。

仮想通貨を規制する法律として、“資金決済法”というものが存在する。その法律が関係しており、仮想通貨が発効日から6か月を超えて使用できる場合にのみ資金決済法の適用を受け、6か月未満ならこの規制が適用されないという。ゲーム内通貨であるトマトが5か月という期間で腐ってしまい使えなくなってしまうのもこの資金決済法が理由のようである。

それでもゲームを購入すれば100個のトマトを所持しているので、それを使いダウンロードしまくろう。またトマトは自分が公開した楽譜が多くダウンロードされるとトマトがゲットできるようだ。皆にただでトマトをゲットできるチャンスがあるのだ。

『大合奏!バンドブラザーズP』のウェブサイト

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP