ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アキバ観光サービスキャッチをする女子高生たち メニューにある「ロングコース」とは?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


秋葉原の中央通りから一歩入るとそこはビラ配りの温床である。メイドカフェや新手のお店などが客を招き入れるために宣伝している。これらのメイドカフェなどは万世橋署に事前に許可を出されたものなので、全くもって違法な行為ではない。

問題は無店舗経営の実態である。「がーるず観光案内」とうたっているこのサービスは秋葉原を案内するという名目で街中をデートできるのである。料金を様々あり、時間により異なってくる。料金表をよく見ると、どの客引きが持つチラシにも「ロングコース」と記載されているのだ。ロングコースについて聞いてみると「想像にお任せします」とのことだ。

さらにビラ配りをしていた女の子は現役女子高生だったことも判明。外神田では風俗営業が禁止されているが、このように無店舗型にして逃れているのだろうか。

これらの女の子は平日の夕方から秋葉原でビラ配りを行い、お小遣い稼ぎをするようだ。秋葉原観光ビジネスは今に始まったことではなく数年前から定着している商売である。女の子と一緒にデート気分になり秋葉原を観光及び散歩できるお店は今でも数多く存在する。

実際に秋葉原でビラ配りをする女の子にどんな募集をしているのか聞いてみたら「15歳(高校生可)から25歳、コース料金の一部は店にバックで、オプション料金は完全バック」だという。どうやらロングコースとオプションが大きな収入源のようだ。

昨年秋葉原と池袋のJKリフレが一斉摘発されたが今度は無店舗型も一斉摘発されそうである。

秋葉原のマンモスカレーが閉店とのウワサ? 実際に行ってみたら終わってた……

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP