ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

関ジャニ、新曲“キング・オブ・男!”は生田斗真主演映画〈土竜の唄〉主題歌

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


映画「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」 ロゴ画像(C)2014 「土竜の唄」製作委員会 (C)高橋のぼる・小学館

 

2014年2月15日公開の映画「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」の主題歌が、関ジャニ∞の新曲“キング・オブ・男!”に決定した。 

 


映画「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」 新ヴィジュアル(C)2014 「土竜の唄」製作委員会 (C)高橋のぼる・小学館

 

この映画は、2005年に連載がスタートし、コミックスの累計売り上げは400万部を突破している高橋のぼるの人気コミック「土竜の唄」を原作とするもの。監督は「悪の教典」「ゼブラーマン」「殺し屋1」などの映画で高い評価を集める三池崇史、脚本はNHK連続テレビ小説「あまちゃん」のヒットも記憶に新しい宮藤官九郎が担当し、潜入捜査官〈モグラ〉として犯罪組織に潜り込む警察官で、落ちこぼれ〈金髪・童貞〉の主人公・菊川玲二を生田斗真が演じる。ほかにも、堤真一、仲里依紗、山田孝之、岡村隆史、上地雄輔といった俳優陣が奇抜な衣装や過激なメイクで出演。ターゲットを検挙するために悪戦苦闘する菊川の姿をコミカルかつスリリングに描く〈ジェットコースター・ムーヴィー〉になるという。

そんな「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」の主題歌に決まった“キング・オブ・男!”は、〈仲間・夢・守るべき物〉といったキーワードをもとに湘南乃風の若旦那が作詞したナンバー。若旦那が関ジャニの楽曲制作に携わるのは今回が初めてで、熱い魂が込められた男臭い歌詞が関ジャニのイメージと化学反応を起こすような〈男魂唄(メンズ・ソウル・ソング)〉に仕上がっているとのことだ。楽曲のリリース情報などはアナウンスされていないので、気になる人はぜひ劇場まで足を運ぼう!

★ジャニーズ関連のニュース一覧はこちらから

 

関ジャニ∞ 村上信五 コメント

関ジャニ∞としては、これほどまっすぐに男を意識した楽曲を歌うのははじめてなので、日本男児らしく〈夢を追い求め愛する人を守る男の魂〉を僕らなりに映画にぶつけてみました。

 

三池崇史監督 コメント

〈土竜+関ジャニ∞+若旦那=ホーキンス博士〉みたいな…… この曲はブラックホール並みにヤベェぞ。

 

生田斗真 コメント

〈土竜の唄〉の主題歌を関ジャニ∞が担当してくれる事になりました。
自分の主演映画のテーマソングを昔馴染みの関ジャニ∞が歌ってくれる事、とても感慨深く、心強く思います。
カッチョいい曲をありがとう!
関ジャニ∞!!

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP