ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヤフーがSmartWatch 2用アプリ「雨雲レーダー for SmartWatch」をリリースし、現在地周辺の降雨状況を時計画面で確認できる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ヤフーがSony Mobileのスマートウォッチ「SmartWatch 2」向けに、現在地周辺の降雨状況を確認できるアプリ「雨雲レーダー for SmartWatch」をリリースしました。アプリは無料です。このアプリはスマートフォンのGPS機能を利用して、現在地周辺の地図をSmartWatch 2の画面に表示し、その上に降雨強度予測情報をグラフィカルに表示します。まるで雨雲レーダーのような情報を手元で確認できます。「雨雲レーダー for SmartWatch」を利用するにはスマートフォン側に「Yahoo!地図」をインストールしておく必要があります。SmartWatch 2の画面をタップするとで周辺地図と全国地図を切り替えることができ、ダブルタップするとスマートフォンでYahoo!地図アプリが起動します。シンプルなアプリで使いやすいと思います。「雨雲レーダー for SmartWatch」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z1とXperia Z UltraはANT+通信に対応済み
LGが香港で「LG G Pro Lite」と「LG G Pad 8.3」を発表、どちらも低価格設定
Galaxy Note II GT-N7100用Android 4.3ベースの公式ファームウェア(N7100XXUEMJ5)がまた流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP