ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

K3V2 Proを搭載した「Ascend P6S」がAscend P6よりも高いAntutuスコアを出す

DATE:
  • ガジェット通信を≫

まだ発表されていないHuaweiのAndroidスマートフォン「Ascend P6S(P6S-U00)」のAntutuテスト結果が公開されました。Ascend P6Sは、今夏に発売された6.18mmの薄型スマートフォン「Ascend P6」の改良版とみられています。テスト結果によると、Ascned P6Sは現行のAscend P6よりも高性能なプロセッサを搭載していることがわかります。Ascend P6のプロセッサは最大1.5GHzで動作する同社製の「K3V2e」を搭載していますが、Ascend P6Sのプロセッサは約1.6GHz駆動に変わっています。噂によれば、プロセッサは「K3V2 Pro」を搭載しているそうです。2枚目の画像ではプロセッサの違いによってAntutuのテスト結果も変化していることがわかります。スコアは全体的にAscend P6Sの方が高いのですが、その中でも2D/3D性能に関しては2倍弱のスコア向上を見せています。GFX Benchmarkのテスト結果からGPUは刷新しているようなので、それが大きな変化に影響したのかもしれません。Source : Antutu



(juggly.cn)記事関連リンク
ASUSはFonepadのデュアルSIM対応版として「MeMO Pad 7 ME175」を開発しているらしい
KDDI、「Galaxy S II WiMAX ISW11SC」にソフトウェアアップデートを提供開始
東芝、スマートフォンやタブレットからインターネット経由でアクセス可能なUSB 3.0対応のポータブルHDD「Canvio Connect」と「Canvio Slim」を発売へ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP