ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

オッサンが初めて触る『Tamagotchi iD』使用記(後編)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
tama_review_2

バンダイから発売された最新版『たまごっち』の『Tamagotchi iD』。はじめての『たまごっち』に悪戦苦闘し、1人目には早々に家出されてしまった筆者でしたが、2人目からは順調に育てられるのでしょうか?

・“たまとも”を目指せ!
2代目は心を入れ替えて育てることを決意。次に生まれた男の子の『ぱーちくっち』は、その日のうちに反抗期の『まったりっち』まで成長。最終形態のフレンド期では、忍者のような『ござるっち』になりました。「忍者なんだから手裏剣が好きなのでは?」と、遊び道具として買い与えた「しゅりけん」で遊ばせると、見慣れないアニメーションとともに文字が表示されました。こ、これは……。

『Tamagotchi iD』では、『たまごっち』とのふれあいの中で、ある条件を満たすと「た」「ま」などのキーワード『たまともサイン』が表示されます。『たまともサイン』をすべて表示させれば“たまとも”の文字になり、プレイヤーとの友だちの度合いを示す「フレン度」が最大になるとのこと。「『ござるっち』とは“たまとも”になるぞ!」と意気込んで、お世話に身が入ります。

詳しくはネタバレになるので割愛しますが、『ござるっち』と“たまとも”になるには、それほど時間がかかりませんでした。そのキャラクターが好きそうな食べ物や遊び道具を与えていくのがポイント。一定の時間が経たないと集まらない『たまともサイン』もあります。“たまとも”になった『たまごっち』はスタンプとして残り、最大11人の“たまとも”を登録できるようになっています。過去の“たまとも”と再会できる「たまともひろば」という外出先もあるようなのですが、どうやってアクティブにするのか分かりません。なかなかナゾが深い『たまごっち』ワールド。ユーザーを飽きさせない仕組みが充実しています。

・お見合いをして代替わり
フレンド期を迎えて一定の年齢に達すると、「お見合い」ができるようになります。すっかり“たまとも”になった『ござるっち』も1人では寂しかろう、と「おみあいパーティー」へ出かけてみます。

パーティーでは、お相手の候補が3人表示されます。その中に、1人目で家出してしまった『うわさっち』の姿が!迷うことなく『ござるっち』を『うわさっち』とお見合いさせてみました。うまくいけば子どもができて、『ござるっち』に家族が増えるはず……。

お見合いに成功した『ござるっち』と『うわさっち』はデートにでかけ、ふたりの思い出のシーンが走馬灯のようにアニメーションで表示されていきます。次にふたりの間に子どもが生まれ、子育てに励む『ござるっち』の姿が。やがて『ござるっち』も去り、ふたりの子ども『ぴーちくっち』が残りました。なるほど、『たまごっち』の部屋には1人の『たまごっち』しかいられないんですね。家族が増えることを期待していたので、少し残念……。こうやって代替わりを重ね、“たまとも”を増やしていくのが大まかなプレイの流れとなるのでしょう。ちなみにバンダイによると、上記の演出が見られたのはお見合いに成功し、“たまとも”が集められたためで、『たまごっち』の育て方次第で演出は変化するそうです。お見合いをする前に“たまとも”になれるように、頑張ってお世話しておきましょう。

・まだまだ遊び足りない!
3人目の『ぴーちくっち』は『ちゃまめっち』へと成長し、現在は“たまとも”目指してお世話中……というところで、返却期限がきてしまいました。

『Tamagotchi iD』同士で通信して“おみやげ”交換や通信ゲームを楽しんだり、恋愛結婚させたり、『たまともひろば』で過去の“たまとも”と再会したり……など、『Tamagotchi iD』には筆者がまだ遊びきれていないイベントが盛りだくさん。ダウンロードコンテンツの追加機能に限らず、長く遊び続けられる仕掛けとボリュームが新製品『Tamagotchi iD』の魅力になっていることを実感しました。正直、まだまだ遊び足りません。

筆者は『たまごっち』初体験でしたが、昔『たまごっち』で遊んだ方にも、カラー液晶の表現力やダウンロード機能は新鮮に楽しめるでしょう。お子さんに遊ばせる場合も、携帯電話はお父さんやお母さんが操作して、お子さんの『Tamagotchi iD』と通信させるなど、親子のコミュニケーションのきっかけにもなりそうです。「面白そう」と思った読者は遊んでみてはいかがでしょうか?

・ティップスあれこれ
最後に、筆者がほぼ1ヶ月プレイしてみて発見したティップスをご紹介しましょう。

(1)だれかと一緒に始めよう!
家族でも友だち同士でも、だれかと一緒に始めて遊んでみるのがオススメです。通信プレイも楽しめて、お世話の楽しみが倍増するでしょう。

(2)コインはスロットで稼げ!
アイテムを買うお金として使える『ごっちポイント』は、ゲームセンターへ出かけて遊ぶゲームで獲得できます。ここでは“目押し”ができるスロットマシンの『GOGOスロット』で確実に稼いでいきましょう。

(3)『たまごっち』と一緒に早起き!
『たまごっち』は朝7時に目覚めてしまうので、早起きの習慣が身につきます。時計をわざとずらして設定したりしないで、一緒に健康的な生活を送りましょう。

(4)携帯サイトはこまめにチェック!
ダウンロードコンテンツは、携帯サイトでこまめにチェックしましょう。追加したアイテムが『たまともサイン』を呼ぶきっかけになるかも?!

■関連記事
オッサンが初めて触る『Tamagotchi iD』使用記(前編)
『たまごっち』にもDLC時代到来?『Tamagotchi iD』
コインを食べる犬? お財布感覚の貯金箱『モグモグ ワンコ』発売へ

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。