ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy GearではUSBデバッグオプションが有効で、通常のAndroidアプリを動作させることもできる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungのスマートウォッチ「Galaxy Gear」では、root化不要で通常のAndroidアプリを動かすことができる模様です。海外のWEBサイト Ars Technicaがデモを交えながらもそのことを報告しています。Galaxy Gearは1.6インチ320✗320ピクセルのSuper AMOLED(タッチパネル付き)を搭載したAndroid 4.3ベースのスマートウォッチです。同サイトによると、Galaxy Gearには設定メニューに「USBデバッグ」オプションがあってユーザー側でON/OFFできるようになっているそうです。USBデバッグをONにするとPCなどからADBコマンドを実行することができるようになり、Androidアプリをサイドローディングでインストールしたり、4GBの内蔵ストレージにファイルを転送することができるそうです。同サイトで公開されているデモ動画では、Nova Launcherをホームアプリに設定し、Dolphin Browserや音楽プレイヤー「Apollo」を起動して動かしている様子を見ることができます。ただ、Galaxy Gearはパケット通信機能とWi-Fiがないため、インターネット接続する通常のAndroidアプリは使い物にならないそうです。Source : Ars Technica



(juggly.cn)記事関連リンク
Lenovo、液晶部分が360度回転する“IdeaPad Yoga”のAndroid版「IdeaPad A10」を開発
SCE、「nasne」用の新ファームウェア v2.00とAndroidアプリ「nasne ACCESS」をリリース
KDDIが直販サイトで「Xperia Z1 SOL23」の予約受付を開始、価格も公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP