ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

無敵の力はアタシのために! 個性溢れる美少女リメイク『ロボットガールズZ』アフレコレポート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『ロボットガールズZ』とは、『マジンガーZ』や『グレートマジンガー』、『UFOロボ グレンダイザー』といった名作ロボットアニメをデフォルメした女の子たちが正義のために戦うアニメ。敵役にはあしゅら男爵をはじめ、たくさんの機械獣たちが登場し地球の平和を脅かす。昔懐かしい作品のリメイクである『ロボットガールズZ』の都内某所にて行われたアフレコ取材のレポートをお届けする。

今回コメントを頂いたのはZちゃん役の本多真梨子さん、グレちゃん役の水瀬いのりさん、グレンダさん役の荒浪和沙さんの3名。正義の味方サイドの3名からアフレコの感想やキャラクターの魅力について語ってもらった。

敵キャラをフルボッコ! 主役3名のキャストコメント

Zちゃん役 本多真梨子さん
「現場はすごく楽しくて、みなさんのお芝居を聴いているだけで『ロボットガールズZ』の世界がキラキラ輝いて見えます。私はZちゃん役なのですが、正義の味方かと思いきや実はそうでもなかったりする面もあります(笑)主役の3人はどこまで弾けていいんだ、って思って、演じていてすごく楽しい一日でした。」

グレちゃん役 水瀬いのりさん
「作品の魅力は、私たちが敵キャラをフルボッコにすることだと思います。毎回フルボッコにしているので、1話10分ぐらいの短い作品ですが、毎話、大作を作り上げたような達成感があります。敵キャラも本当にいいやられ方で演じてくださっているので、私たちがかっこよく見えるのは敵キャラのおかげだと思っています」

グレンダ役 荒浪和沙さん
「1話10分ですが、30分アニメのようなボリュームがあって満足感があります。キャラクターのクセが強く、声優さんの個性がそのまま出ているので「こういう演じ方もあるのか!」と驚かされることも多い作品です」

また、自身の演じるキャラクターの魅力について本多さん演じるZちゃんは「裏表がない直球な女の子。思った通りに行動して、人を振り回しちゃう」とギャップ萌えの流行っている時代に珍しい直球な女の子である一方、水瀬さん演じるグレちゃんは「最年少のキャラクター。クールだけど時折見せる歳相応の部分がかわいい」と、ギャップ萌えのキャラクター。荒浪さん演じるグレンダは「ちょっぴりHでドSなお姉さんみたいなキャラクター。ちょっと怒ったり、照れたりするようなギャップも」という個性的な3人のキャラクターが活躍する。

ロボットガールズZ 公式サイト
http://www.robot-girlsz.com/

srbnの記事一覧をみる ▶

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。