体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【アプリ】スマホで大人気の病気感染シミュレーターゲーム『Plague』 中毒性が高くハマってしまう

エンタメ

iOS、Androidで人気のゲームを紹介したい。今回紹介するのは『Plague Inc. – 伝染病株式会社(プレイグ)』という病原菌感染シミュレーターゲーム。とある国に病原菌をばらまきそこから世界中に繁殖させて結果的に人類を滅亡させたら勝利となる。こう聞くと「不謹慎」という言葉がつきものかもしれないが、あくまでゲームということで解説したい。

iOS版は元々日本語版があったのだが、昨日よりAndroid版も日本語版がリリースされた。しかもAndroid版に至ってはアプリが無料である。そのかわりゲーム画面に広告があり、更にはゲーム速度の変更に課金(99円)が必要なる。
iOS版は100円でAndroid版ではできなかった速度調節が既に可能となっている。

何をすればいいの?

『Plague Inc. – 伝染病株式会社』は病原菌をばらまきそれを世界中に拡散させ、人類を滅亡させるという恐ろしい内容のゲーム。病原菌はゲーム開始前に各種タイプから選択可能だが、初期状態だとバクテリアしか選ぶことができない。ゲームをクリアしていくうちに「ウイルス」「真菌」「パラサイト」とアンロックされ選ぶ事が可能になる。
難易度はEasy、Normal、Hardの3つ。Normalだと人類側もかなり抵抗してくるので手強い。慣れるまではEasyでプレイすることをオススメする。

ゲームを開始すると最初にウィルスを発生させる国を選ぶ事になる。国を選ぶにはタップするだけでいい。発生源の国を選ぶのも重要な作業の一つである。先進国、寒い国、暑い国、島国、陸続きなど様々な状況で感染のしやすさが異なってくる。豊かな国に病原菌を撒くのは難しいらしい。国を選んだときのメディカル・サーチで病気の広がりやすさを知る事ができる。ちなみに一番難易度が高いのは日本に設定されている。

病原菌をばらまいたら黄色いバルーンが地図の上に出てくる。それを素早くタップするとDNAポイントは付与される。このDNAポイント使い病原菌を「伝染」「病状」「能力」の項目にある数々のスキルを拡張させていく。
「伝染」はどのような経路で伝染させるかのスキルである。鳥による伝染、家畜伝染、齧歯類伝染、昆虫伝染、血液伝染、水伝染、空気伝染など様々な項目を選択し拡張可能。
「病状」は吐き気、咳、発疹、不眠症などである。拡張していけば死に至る病原菌へとなる。
「能力」は寒気耐性、高温耐性、薬物耐性、バクテリア抵抗力である。特に薬物耐性は重要な項目で後半から人類がワクチンである「Cure」を開発するので是非選んでおきたい。

このように、行う内容としては、DNAポイントをゲットし病原菌の拡張、更にウィルスを伝染、再度DNAポイントゲットを繰り返し最終的に全人類を滅亡させたら価値である。人類が残ってしまったら敗北となってしまう。

また人類がゲーム後半から「Cure」という薬の開発を行うので、それに対しても抵抗しなくてはいけない。とくに開発している国は早めに撃沈させて開発を止めなくてはいけない。「Cure」の開発度が100%になってもゲームオーバーで敗北となる。

1 2次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会