体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

異例のロングランヒット! 『パシフィック・リム』が愛される7つの理由

8月上旬に封切られたSF怪獣映画『パシフィック・リム』が、洋画のオリジナル新作としては異例のロングラン上映を続けている。さらにここにきて、いったんは上映を終了したのにも関わらず復活上映を始める劇場や、熱心なファン向けに、絶叫やコスプレもOKな特別上映会を実施する劇場が相次いでいる。

12月に発売予定のブルーレイ&DVDも好調だ。Amazon.co.jpでは、外国アクション映画カテゴリでベストセラー1位。5000個限定のプレミアムボックスは予約開始から数時間で売り切れた。

しかしこの作品、本国・アメリカでは批評家たちからの前評判もそれほど芳しくなく、興行収入も振るわなかった。日本でも、公開初週こそ20万人近い観客動員をしたものの、4週目にはランキング圏外に姿を消してしまっている。そのことを思えば、現在まで上映が続き、延べ100万人近い観客を動員していることは奇跡としか言いようがない。

この人気を支えているのは、かつて『ウルトラマン』や『マジンガーZ』をリアルタイムで見ていた40代から、比較的最近の『ガンダム』『エヴァンゲリオン』などに親しんできた20代のオタク層だ。ネットとの親和性の高い彼らがブログやTwitter、Facebookに乗せて発信する熱い想いが周囲へと波及し、本作のファンを広げ、リピーターを増やしてきた。ネット上でファンのコミュニティを探せば、2回、3回は当たり前、中には10回以上劇場に足を運んだという強者がゾロゾロ出てくる。

『パシフィック・リム』が愛される7つの理由

いったいこの映画の何がそれほどまでにオタクの心を掴んでいるのだろうか。映画を観た人たちの感想を拾い集めて、7つにまとめてみた。

1.怪獣へのあふれる愛
着ぐるみっぽさを残した怪獣のデザインが、紛れもなく円谷プロの特撮怪獣の遺伝子を受け継いでいると好評。原作に対する愛が感じられない作品も多い中、ギレルモ・デル・トロ監督の日本オタク文化リスペクトな姿勢が共感を集めている。

2.ロボットへのあふれる愛
ブリキのオモチャのような安っぽさのある、決して洗練されたとは言えない無骨なロボットたち。だがそれがいい! パイルダーオン、ロケットパンチ、チェーンソードっぽいギミックにニヤリとすること間違いなし。

3.マンガや特撮モノの“お約束”をおさえている
「科学的におかしいだろ!」「そんな必殺技があるならもっと早く使えよ!」「そもそも人型である必要があるのか?」など、ツッコミどころ満載な設定。あちこちに散りばめられた小ネタの元ネタを探してみるのも楽しい。

4.単純明快なストーリー
あらすじは「巨大ロボに乗って、地球侵略にやってきたエイリアンをぶっ殺せ!」で、あとは巨大なロボットと怪獣が繰り広げるガチンコプロレスシーンだけでお腹いっぱい。こまけぇこたぁいいんだよ! でも実は環境汚染に対する警鐘も込められていたり。

5.CGがすごい
重厚感あふれるロボットと怪獣が躍動するプロレスシーン、破壊される街、水しぶきなどを最新のCGでリアルに表現。映画・ゲーム・アニメなどの業界関係者からは190億円という潤沢な制作費をうらやむ声も。

6.3D版がすごい
『アバター』以来、久々に3Dで見る価値のある作品と評価する人が多い。特にIMAX-3D版が好評で、多数のリピーターの獲得にもつながっている。

7.吹き替え版の声優が豪華
主人公を杉田智和(坂田銀時)、ヒロインを林原めぐみ(綾波レイ)、その他、玄田哲章(シュワちゃんの声でおなじみ)、古谷徹(アムロ・レイ)ら、オタク・腐女子好みの声優陣が吹き替えを担当。最近のファン向け上映会では観客の6割以上が腐女子だったとの報告も。

これから見たい人、もう一度見たいファン向け上映イベント情報

現在も口コミでジワジワとファンを広げている『パシフィック・リム』だが、さすがに上映中の劇場は限られてきてしまっている。そこで、再上映が決定した劇場と、限定の上映イベントをまとめてみた。詳細はリンクから確認してほしい。

・シネマサンシャイン池袋(リンク
3D吹替版 再上映
12:20~14:45/20:00~22:25 
~10/11(金)

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。