ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最強の映画オタク・タランティーノが『死霊館』を“見るべき10本”に推薦!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『ソウ』シリーズや『インシディアス』で世界中を震撼させた、若き鬼才ジェームズ・ワン監督が実話を基に描く映画『死霊館』がいよいよ今週末の10月11日に公開。ハリウッドいちの映画オタクである鬼才クエンティン・タランティーノ監督が、10月5日、恒例である「年間映画トップ10」を発表し、ホラー映画で唯一『死霊館』もランクインしていることが明らかとなりました。

『死霊館』は、数多くの怪奇現象を解決した、心霊学者ウォーレン夫妻が、あまりにも邪悪すぎるために40年もの間、極秘にしてきた事件をベースにした作品。7月19日に全米公開され、R指定映画として異例中の異例である興行収入1億ドルを突破。これまで公開されてきた全ホラー映画の中で歴代7位という大ヒットを記録している話題作。以前「ホラー通信」でも予告編をご紹介しましたが、その怖さが大きな話題となりました。

【関連記事】全米でホラー映画史上歴代7位の大ヒット! 鬼才×実話の超話題作『死霊館』予告編解禁
http://horror2.jp/1009 [リンク]

クエンティン・タランティーノ監督が、“今のところ”というただし付きで発表した「年間映画トップ10」(Quentin Tarantino’s official list of his top 10 films of 2013 ‎‎‎‎– so far)では、『死霊館』をはじめ『ローン・レンジャー』『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』といったビッグタイトルやウディ・アレンの新作「Blue Jasmine(原題)」など、バラエティに富んだ作品が。

2013年はホラー映画の金字塔『エクソシスト』が公開されてからちょうど40年。マスコミ試写でいち早く『死霊館』を見た映画記者、評論家などからは、設定や演出方法など、この傑作を意識した作りになっているという意見も。恐怖の演出力は、ワン監督の前作『インシディアス』を2011年のワーストとしていたタランティーノさえをも唸らせたと言えるでしょう。

ちなみにワン監督の次回作は『ワイルド・スピード』シリーズ最新作で、監督自身は、「もうホラー映画は撮らない」と発言していることも気になるところ。タランティーノが選んだ「2013年公開の観るべき映画10本」に順位は付けられておらず、アルファベット順で記載されているのみ。年末の最終ランキングで『死霊館』が何位に入るのか。気になる方は、今週末劇場でチェックしてみてはいかがでしょうか?

『死霊館』公式サイト
http://www.shiryoukan-movie.jp

(C) 2013 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP