体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界最速で“走る”四足ロボ『WildCat』が公開

「キモいけどすごい!」と世界中のロボット愛好家を驚愕させた四足歩行ロボ『Big Dog』の開発元・ボストンダイナミクス社が、新作ロボットの動画を公開しました。

この度公開されたのは、四足型自律走行ロボット『WildCat』です。見た目は『Big Dog』に似ていますが、4本の脚が完全に地面から離れる瞬間のある“走行”が可能で、関節もいわゆる“鳥脚”ではなくなっています。最高速度は自律型の四足ロボットとしては世界最速となる時速26km。同社が昨年公開した四足走行ロボット『Cheetah』は、電力供給用のコードと転倒防止用の“つっかい棒”で支えられた状態でトレッドミル上を走るだけのロボットでしたが、『WildCat』ではエンジンを搭載して自律走行が可能になりました。

動画ではエンジンを起動して「どっこいしょ」といった感じで立ち上がるところから、馬が全力疾走する時のようなギャロップ走行(転倒)、チーターのようなバウンディング走行、重心を内側に傾けながらターンする様子などが収められています。

このロボットは米国防総省・国防高等研究計画局(DARPA)が推進する軍事用ロボット研究プログラム『M3』に基づき資金提供されて開発されたものです。未来の戦場では偵察車に代わってこのようなロボットが戦場を駆け巡っているのかもしれません。

画像:YouTubeより引用

動画:Introducing WildCat(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=wE3fmFTtP9g

※この記事はガジェ通ウェブライターの「ろくす」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会