ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなたは見抜けるか、それとも騙されるか ソダーバーグ最後の劇場映画『サイド・エフェクト』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『セックスと嘘とビデオテープ』が史上最年少でパルム・ドール、『トラフィック』ではアカデミー賞監督賞を受賞したスティーヴン・ソダーバーグの、最後の劇場映画が公開したらしい!

ということで観にいってきました。映画『サイド・エフェクト』

最愛の夫マーティン(チャニング・テイタム)がインサイダー取引で収監され、幸福から絶望に突き落とされるエミリー(ルーニー・マーラ)。4年の月日が経ち、マーティンが出所するもエミリーはうつ病が再発してしまい自殺未遂を犯してしまう。そこで担当医になったバンクス(ジュード・ロウ)が新薬を処方したところ、副作用で夢遊病を発症してしまい、その状態のまま殺人事件を犯してしまう。

事件の鍵になっていくのが、エミリー演じるルーニー・マーラ。記憶に新しいのが『ドラゴン・タトゥーの女』のリスベット・サランデル役で、そのときは全身ピアスや刺繍を施していたのに、今回は無造作ヘアにすっぴんという真逆の役どころ。ですが、妙に艶かしく、ついつい引きつけられてしまうのに、自然な出で立ちなのは、ルーニー・マーラの最大の魅力に感じます。担当医バンクスも、観客も、惑わされてしまうのは必然なのかも。

もはやあらすじで、殺人事件の犯人が分かっているところをみると、真犯人を探せ! ・・というサスペンス映画ではないので、ラストにどう転がっていくんだろう? と考えながら観ていたんですが、とんでもないどんでん返しが待ち迎えています。

最後のソダーバーグ劇場映画、ぜひ劇場で味わってください。



画像:公式サイトより引用

※この記事はガジェ通ウェブライターの「あわちゃん」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP