ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

生チョコ発祥の店どこか知ってる?「シルスマリア」から秋限定の生チョコ登場!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1988年、寒い夜のこと。「シルスマリア」(神奈川県)の厨房で、どこにもない、全く新しいタイプのチョコレートが完成した。それが“生チョコ”のはじまりだった…。そんな生チョコ発祥の店シルスマリアから、秋限定「紫いも生ちょこ」が登場!

紫いも生ちょこは、ベルギーのガレボー社のホワイトチョコに紫いもを練り込み、紫いも本来の美しい発色が目にも鮮やか。口に入れたとたんに広がる紫いもの風味と、その後に感じるチョコのハーモニーを楽しめる。また、紫いもにはポリフェノールの一種であるアントシアニンが豊富に含まれており、目の健康を守る効果や強い抗酸化作用、免疫力向上の効果があるとされている。16粒入り1260円。

また、シルスマリア不動の定番、生チョコという名で世に出た最初の一粒「公園通りの石畳」(20粒入り1050円)は、もはやテッパン!神奈川県の指定銘菓にもなっている。

シルスマリアの生チョコのおいしい食べ方は、冷蔵庫から取り出して、10分~15分程度、常温においてから食べること!秋の味覚の生チョコを堪能して!!シルスマリアはこちら(http://www.silsmaria.jp/)から。

ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP