ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パナソニックがインドで新型Androidスマートフォン「Panasonic P11」、「Panasonic T21」、「Panasonic T11」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パナソニックのインド法人は現地時間9月25日、インド市場向けに3機種の新型Androidスマートフォン「Panasonic P11」、「Panasonic T21」、「Panasonic T11」を発表しました。日本では個人向けスマートフォン市場から撤退したパナソニックですが、インドでは今年5月からのわずか4ヶ月間で5、6機種を投入するなど、市場シェア拡大に向けて攻めているようです。3機種ともAndroid 4.1(Jelly Bean)を搭載したデュアルSIM対応スマートフォン。P11は5インチHDのIPS液晶を搭載したハイエンドモデル、T21は4インチWVGAのIPS液晶を搭載した小型エントリーモデル、T11は4.5インチHDのIPS液晶を搭載したミッドレンジモデル。価格は、P11が16,490ルピー、T21が9,790ルピー、T11が13,990ルピーです。P11(上図左)は、カーブエッジデザインを採用し、別カラーのバックカバーで外観を変更できる製品。Snapdragon 200 1.2GHzクアッドコアプロセッサ、1GB RAM、4GB ROM、Micro SDカードスロット、背面に800万画素(AF、LEDフラッシュ付き)、前面に200万画素カメラ、2,000mAhバッテリーを搭載。Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v2.1+EDR、GSM/EDGE/GPRS、WCDMA/HSPA+に対応。本体サイズは143.9mm x 73.3mm x 9.7mm、質量は160g。T21(上図中央)は、横幅63.8mm・質量120gの小型ボディに、Snapdragon 200 1.2GHzクアッドコアプロセッサ、1GB RAM、4GB ROM、Micro SDカードスロット、背面に500万画素(AF、LEDフラッシュ付き)、前面に30万画素カメラ、1,500mAhバッテリーを搭載。Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v2.1+EDR、GSM/EDGE/GPRS、WCDMA/HSPA+に対応。本体サイズは112.5mm x 63.8mm x 9.2mm、質量は120g。T11(上図右)は、4.5インチで326ppiを実現した高解像度ディスプレイを搭載した製品で、Broadcom 28145 1.2GHzデュアルコアプロセッサ(デュアルコアVPU内蔵)、1GB RAM、4GB ROM、Micro SDカードスロット、背面に8000万画素(AF、LEDフラッシュ付き、1080pフルHD動画撮影対応)、前面に200万画素カメラ、1,700mAhバッテリーを搭載。Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、GSM/EDGE/GPRS、WCDMA/HSPA+に対応。本体サイズは132mm x 66mm x 9.8mm、質量は140g。Source : パナソニックインド法人



(juggly.cn)記事関連リンク
ソフトバンク、世界最小の4.5インチスマートフォン「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」を発表、IGZO液晶やSnapdraogn 800などを搭載
ソフトバンク、3辺狭額縁デザインの5.2インチフルHDスマートフォン「AQUOS PHONE Xx 302SH」を発表、AXGP(TD-LTE)/FDD-LTE両対応
シャープがWindows 8.1タブレット「Mebius Pad」を発表、10.1インチ2,560✗1,600ピクセル(WQXGA)のIGOZ液晶パネル、Intel Atom Z3770を搭載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP