ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ペネロペ・クルスの実弟が超イケメン! 『ある愛へと続く旅』の劇中音楽を担当

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ある愛:エドゥアルド・クルス

二児の母になったペネロペ・クルスが母親役を演じる、11月1日日本公開の映画『ある愛へと続く旅』。主人公ジェンマ役のペネロペ・クルスが、初々しい女子大生時代から高校生の息子と向き合う母親までの女性としての長い年月を、老けメイクも厭わず演じたその驚くべきリアリティが早くから話題を呼んでいます。

そんな、久々の主演で思い入れのある本作を陰で支えているのが、ペネロペの実の弟のエドゥアルド・クルス。写真を見てみるとビックリするほとのイケメン。さすが魔性の女ペネロペ・クルスを姉に持つだけあって、その力強い瞳に吸い込まれてしまいそうです……。

エドゥアルドは、元々スウィートなポップソングをスペイン語と英語で歌うミュージシャン。今回は劇中音楽を担当し、美しくロマンチックなメロディが、イタリア~セルビア~クロアチアの壮大な映像美をドラマチックに盛り上げ、観る者の感動を高め、魅了します。

ある愛:メイン(軽)

監督は世界中で絶賛を受けた『赤いアモーレ』以来、ペネロペとの二度目のタッグを組むセルジオ・カステリット。原作(「VENUTO AL MONDO」)は、監督の妻でもあるベストセラー作家マルガレート・マッツァンティーニによる小説で、2009年にイタリアでカンピエッロ賞を受賞し、世界35ヶ国で翻訳されその感動が広がっています。

本作は、まだ記憶に新しい激動のヨーロッパを背景に、男と女の普遍的な愛、母性や父性といった人間としての愛の深さを緻密に描写し、決して忘れることの出来ない、深い愛の物語。この秋、美形姉弟がタッグを組んだ美しいラブストーリーを目でも耳でも楽しんでみてはいかがでしょうか?

『ある愛へと続く旅』ストーリー

ローマに暮らすジェンマ(ペネロペ・クルス)のもとに、ある日1本の電話がかかってくる。それは青春時代を過ごしたサラエボに住む旧い友人ゴイコからの誘いだった。ジェンマは16歳の一人息子ピエトロを伴ってもう一度自分の過去を訪ねる旅に出ることを決意し、そこでディエゴ(エミール・ハーシュ)のあまりにも深い愛を知る。

サラエボで出会った瞬間に恋に落ちた若き日のジェンマとディエゴ(エミール・ハーシュ)。結婚した二人は子供を熱望するがその願いは叶わず、1992年のサラエボ包囲の最中に代理母候補を見つけて子供を授かった。ほどなくしてジェンマと生後間もないピエトロは戦火の街を逃れたが、父親であるディエゴは一人その地に残り後に命を落としていたのだった…。
長い月日を経て、もう一度過去の想い出をたどるジェンマに、思いもしないディエゴとの真実と大きくてとてつもなく深い愛の赦しが訪れる。

http://www.aru-ai.com/

11月11日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー。

(c) Alien Produzioni / Picomedia /Telecinco Cinema/ Mod Producciones 2012

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。