ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「死者への冒涜だよ…」宇多田ヒカルさんが母の葬儀で出棺を妨害し撮影したマスコミに不信感

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ミュージシャンの宇多田ヒカルさん(@utadahikaru)が、『Twitter』でマスコミへの不信感を吐露している。

8月22日に母親の藤圭子さんを亡くした宇多田さん。9月18日の朝に、

「先日、週刊誌の記者に突撃されて『一週間家に張り着いて尾行してた』と言われ色々変な質問されたけど、なんかもう怖くて気持ち悪かったので一言も答えな かった。今までは何されても『彼らも仕事だし』と流してたけど、今回の一連のことで完全にマスコミ恐怖症になってしまった。」

とツイート。

「最後に『こないだの夜3人の男性と食事に出かけてたけどどういう関係?』と聞かれ『は?』と思ったけど…私を励ましに遠方から会いに来てくれた友達(ショートカットの女子)とその弟と友達と4人で彼女の誕生日ディナーに出かけた時のことだと気付いてちょっとだけ笑えた。かわいい女のコなのに…」
「やっと友達と出かけられるくらい精神的に落ち着いてきたのにその一発目が週刊誌に載ってまた心ない言われようを受けると思うと、本当に気が重い。誘ってくれた友達にも申し訳ない…。」

と続けてツイートし、不信感をあらわにした。

上記ツイート、マスコミであるスポーツ新聞のサイトがすぐ記事にしているというのもなんとなく皮肉めいているが、宇多田さんは同日夕方に下記ツイートも行った。

「家を張られたり尾行されたりは今に始まったことじゃないししょうがないと思ってるけど、マスコミに対する気持ちが変わったのはママの出棺の時。ある程度覚悟して助手席に座ったけど、まさか報道陣が霊柩車の前に立ちはだかって出棺を妨げてまで私を撮影すると思ってなかった。死者への冒涜だよ…」
「カメラが乱暴にごつごつと窓にぶつかる音、フラッシュ、投げかけられる質問…ママだったらこんな時泣かないと思って必死に涙堪えてたけど、ほんの一分が永遠のように感じられて心の中でずっと『どいてください、どいてください』って叫んでた。」

これらの宇多田さんのツイートはいずれも多くのリツイートを集め、他の『Twitter』ユーザーからはマスコミを非難する声が多く寄せられている。

※画像は『Twitter』より引用

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP