ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC独自開発の中国市場向けOSを搭載した「HTC Butterfly s」が明日発表されるという噂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTCが、同社の5インチスマートフォン「HTC Butterfly s」に中国市場向けの独自OSを搭載したモデルを明日発表するという情報がWeiboで伝えられていました。上図が噂の中国市場向けOS版「HTC Butterfly s(HTC 9060)」の画像で、デュアルSIMに対応しているそうです。外観は現行の「HTC Butterfly s」に似ていますが、本体右上に中国移動のロゴマークがプリントされています。HTCロゴは左側に寄っていますね。この「HTC Butterfly s」は中国市場向けOSを搭載するとされていますが、ホーム画面はSense 5.0のBlinkFeedが表示されていまs。昨日、Sense 5.5とされるカスタムUIを搭載した「HTC Butterfly s」の写真が流出していたことを紹介しました。その端末のHTCロゴは本体中央にプリントされているのでグローバルモデルの可能性が高いと思いますが、中国市場向けOSを搭載したということも考えられます。Source : Weibo



(juggly.cn)記事関連リンク
サンワサプライ、Nexus 7(2013)で画面表示のHDMI出力を可能にするSlimPort – HDMI変換アダプタ「AD-HD14SP」を発売
“Google Nexus 5”で実行されたGFX Benchmarkのテスト結果が公開、フルHDディスプレイ・Snapdragon 800を搭載
LGがスマートフォンやタブレットでも利用可能な無料5GBストレージ付きクラウドサービス「LG Cloud」の国内サービスを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP