体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『魔法の美術館』ついに上野の森へ「見て触って光で遊ぶ」不思議な魔法空間へ行って来た!

光を駆使した体験型の現代アート展「光のイリュージョン『魔法の美術館』~Art in Wonderland~」が2013年9月6日(金)から10月6日(日)まで上野の森美術館で開催されます。本展は2009年から全国22会場を巡回し、累計で約60万人を動員。異例の動員記録を更新し続ける話題の展覧会がいよいよ東京で初開催となりました。

国内外の様々なエキシビションでも高い評価を得ている、日本を代表するアーティストたち11組が集結し、光をモチーフに、自然現象や光と影を活用したアナログ的な作品から、コンピューターやLED、カメラといった先端技術を取り入れたデジタルな作品まで、計19点を展示しています。「見て、触って、参加して」子どもから大人まで楽しめる、光で遊ぶ現代アート展です。

上野の森美術館にやってくるという告知を見たときから、早く体験したいと待ち焦がれていた筆者。「現代アートって難しい……。」そんな先入観を覆す、現代アートの不思議な世界へ足を踏み入れてきました!

『光の波紋』森脇裕之 作
中には光で魅せるさまざまな空間や仕掛けがたくさん。

『Secret Garden』小松宏誠 作
こちらは「鳥が植物になるとどんなだろう?」をテーマに、鳥の羽根で出来た植物で生い茂る“秘密の庭”。

羽根の花がふわふわ、くるくると舞い踊る幻想的な空間は、息を呑む美しさ。

『光であそぶ』(アトリエオモヤ作)と題されたこの作品は筒状の布の中にビー玉が転がっており、光に照らされキラキラと輝いています。その光景はまさに光の玉。

そしてビー玉がいくつも集まったところの布地をゆっくりと手で押し上げると……、サーッと一斉にビー玉が拡散し、光の輪が広がります! これはやみつきになる不思議体験。ぜひこの感動を味わっていただきたいです。

『inside-out』パーフェクトロン 作
暗い部屋には小さなおもちゃの町並みが。その中をライトの点灯した車が走っていきます。部屋の壁には車のライトによって建物などの影が映し出されているのですが、車は町の中を走っているため、その影もどんどん動いてゆくのです! 本当に車に乗って町の中を走っているような不思議な感覚に襲われるひととき。いつまでもその感覚に酔いしれていたくなりました。

『台風の夜』森脇裕之 作
ゆらゆらと炎のようにゆらめく色とりどりのライト。これは作者の森脇さんが、幼い頃台風の暴風雨の夜に感じた炎の揺らめきの思い出に着想を得て作った作品。ふうっと息を吹きかけると明かりが強まったり、音にも反応して明るさが変化します。

そばに吊るされている風鈴をうちわで扇ぐと、その風鈴の音に反応し、すべての明かりが点灯するという仕掛けも!

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy