ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

IFA 2013 : ASUS、ペン入力に対応した6インチスマートフォン「Fonepad Note 6」を発表、プロセッサをAtom Z2580 2GHzにアップグレード

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ASUSは9月4日、ドイツ・ベルリンで開催されたIFA 2013プレスカンファレンスで、“Fonepad”ブランドの6インチスマートフォン「Fonepad Note 6(ME560CG)」を発表しました。今回は今年6月にComputex 2013で発表された「Fonepad FHD6」が再度発表されたことになります。Fonepad Note 6は、6インチ1,920×1,080ピクセルのSuper IPS+液晶を搭載した“Phablet”ともいうべきAndroidスマートフォン。既存のFonepadにみられる音声通話機能や3Gデータ通信機能に加えて、新たにスタイラスペンによる手書き入力機能をサポートされました。本体デザインはスマートフォンに近い感じで、スタイラスペンは本体下部に収納できる仕組みとなっています。前面にはHTC Oneのように上下にスピーカーを備えています。フロントデュアルスピーカーはSonic Masterに対応しています。6月に発表されたときにプロセッサはIntel Atom Z2560 1.6GHzとされていましたが、今回の発表では、それよりも上位のAtom Z2580 2GHzにアップグレードされています。RAM容量は2GB、内蔵ストレージの容量は16GB/32GB、Micro SDカードも利用可能です(最大32GB)。カメラは背面に800万画素と前面に120万画素を搭載。ワイヤレス機能はWi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v3.0+EDR、ワイヤレスディスプレイ(Miracast)、GSM/EDGE/GPRS、WCDMA/HSPA+ 42Mbps/5.76Mbpsに対応。バッテリー容量は不明ですが、動画再生時間は6.5時間。連続通話時間は23時間とされています。Source : ASUS



(juggly.cn)記事関連リンク
Sonyが自社製カメラをスマートフォンやタブレットからWi-Fi経由でリモート操作できるアプリ開発用のAPIを公開
小米科技(Xiaomi)が新フラッグシップ「Xiaomi Mi3」を発表、Tegra 4バージョンとSnapdragon 800バージョンの開発
ネスレ日本、Android KitKatの国内発売を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP