ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

台湾MSI、通話機能付き7インチAndroidタブレット「Primo 76」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

台湾のPC/PCパーツメーカー MSIが、同社初の通話機能を備えた7インチAndroidタブレット「Primo 76」を先週末に台湾で発表しました。Primo 76は、7インチ1,280✗800ピクセル(WXGA)のIPS液晶とMediaTek MT8389 1.2GHzクアッドコアプロセッサ、Android 4.2.2を搭載した小型タブレット。Google Playにも対応しています。RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は16GB、Micro SDカードスロットもあります。カメラは背面に500万画素CMOS(AF対応)と前面に200万画素CMOSを搭載。ワイヤレス機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、GSM/WCDMAに対応しています。その他、GPS、Gセンサー、デジタルコンパス、Micro HDMI出力端子、Micro USB端子(OTG対応)なども搭載。バッテリー容量は4,000mAh。本体サイズは196 x 121 x 9.5mm、質量は約360g。Primo 76は台灣では9月上旬に発売される予定です。価格は7,990台湾ドル(約26,000円)とのこと。Source : MSI



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC Oneブルーバージョンは米国で9月10日に発表?
OPPO N1はSnapdragon 800を搭載、OPPO Find 7は2014年に登場予定
中国 Meizuが新フラッグシップ「Meizu MX3」を正式発表、5.1インチ1,800 x 1,080ピクセルのシャープ製液晶、Exynos 5410 8コアプロセッサを搭載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP