ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

容量無制限のオンラインストレージ『Bitcasa Infinite Drive』が日本語対応!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


Bitcasaが運営するオンラインストレージサービス『Bitcasa Infinite Drive(以下、Bitcasa)』が日本語に対応した。今まではアジア圏の言語には対応していなかったがこの度、日本語、中国語、韓国語に対応となった。

プランは3種類あり、無料プランは10GBのストレージが与えられる。オンラインストレージの先駆者とも言える『Dropbox』は無料だと2GBなので5倍の容量ということになる。また『Bitcasa』は有料プランに登録すると容量無制限のストレージが与えられる。有料プランは2通りあり、月額10ドル及び年間99ドルのどちらかを選択可能。

『Dropbox』にも似たようなプロプランが存在し、月額9.99ドル(もしくは年間99ドル)支払うと100GBの容量が与えられる。そのほか200GB、500GBというプランもあるが年間にして199ドル、499ドルと少し高めである。

そんな『Dropbox』に対抗するかのように登場したのがこの『Bitcasa』である。もちろんライバルは『Dropbox』だけでなく『Google Drive』、『SkyDrive(マイクロソフト)』、『Yahoo!ボックス』など数々ある。

ストレージサービスは容量だけでなく使いやすさも重要である。置けるファイルに制限があったり、1つのファイル容量制限があるとHDDのように自由に使えない。また対応デバイスも重要で、iOSやAndroidに対応して欲しいというユーザーも多いだろう。

『Bitcasa』はファイルの共有やiOS、Androidの対応もしており今回のタイミングでスマートフォン版アプリもバージョン2.0になった。もちろんWindows版とMac版のアプリもリリースされており、それをパソコンにインストールすると常時同期させることも可能だ。『Bitcasa』アプリをインストールするとドライブの1つとして扱われるようになる。Windowsの場合はコンピューターに「Bitcasa Infinite Drive」というドライブができているはずだ。そこにファイルを入れれば自動的に同期が開始され、同期後は他のデバイスでも閲覧が可能。

既存のオンラインストレージの容量が不足してきた人はこれを機に『Bitcasa』に乗り換えてみてはどうだろうか。

Bitcasa Infinite Drive

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP