体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アニサマを振り返る! 『Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-』初日をまるっと全力レポート!

8月23日公式写真

8月23日、Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-が開幕した。2005年より開催されているアニソンの祭典通称『アニサマ』は、今年で9回目を迎えました。今回のテーマは“FLAG NINE”。「風に向かって立つ、存在の証明であり、人が集い、導くための目印であり、新たな展開を示す合図」という旗をテーマにしている。今年は3日間開催され、延べ81000人という、非常に多くのアニソンファンがさいたまスーパーアリーナに訪れた。

そんなアニサマの初日をレポートさせていただく。記者は毎年気になっていながらも今回がアニサマ初参戦であった。アニソンに関しては気に入ったアーティストやユニットが見つかり次第ひたすら聴くという感じなので、幅広く多くのアーティストに詳しいわけではないのだが、どんな曲でも楽しくノッていくのにはそこそこ自信がある。また、新しくお気に入りのアーティストを発掘できるのではと楽しみにしていた。

というわけで初参戦の気持ちでアニサマ2013の感想を全力でお伝えするぞ!

開場~開幕

会場となったさいたまスーパーアリーナには、けやき広場という広場がある。さいたま新都心駅を降りてすぐ目に飛び込んでくる光景は、けやき広場周辺で行われているイベントや、屋台、そして会場に訪れたたくさんのお客さんの姿であった。サブイベントを横目に見つつ、ふと周りを見渡すと本日出演するアーティストのライブTシャツや、グッズを身につけた人たちが大勢おり、開場前からお祭り状態となっていた。今回多く目についたのは、6月にサードライブを行ったμ’sのTシャツだ。昨年も登場したμ’sだが、アニメ放送で人気が爆発的に増えた結果だろうか、曲枠も1曲から2曲に増加している。

開幕~開演

開演前には鷲崎健と浅野真澄による前説や、場内BGM『we will rock you』の大合唱などあり、徐々に会場が熱を帯びていくのを感じた。本日の出演者をストーリー性のあるアニメで紹介していったのだが、それぞれのアーティストが紹介されるたびに大きな歓声が上がっていた。

ここからは各アーティストごとに感想をレポートしていく。

~1幕~

01:茅原実里 & 宝野アリカ

Celestial Diva

1曲目は茅原実里の『Celestial Diva』を茅原実里と宝野アリカが歌う豪華なコラボからはじまった。この曲はスマートフォン向けアプリ『ケイオスリングスII』というゲームのテーマソング。茅原実里と宝野アリカが白いドレスで登場し、オーケストラの伴奏を従えてオープニングを飾るに相応しい壮大な歌声で世界最大級のアニソンの祭典が幕を開けた。

02~04:ももいろクローバーZ

猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」

続いてのアーティストは『ももいろクローバーZ』。登場前の『行くぜっ!怪盗少女』のBGMに合わせて、客席がピンク色に染まっていく。『美少女戦士セーラームーン』のオープニングテーマ『ムーンライト伝説』、日本テレビ系ドラマ『悪夢ちゃん』主題歌『サラバ、愛しき悲しみたちよ』、テレビアニメ『モーレツ宇宙海賊』のオープニングテーマ『猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」』の3曲を披露し、会場を盛り上げた。アニソンファンの多いイベントなのでどうなるんだろうと思っていたが、メンバーの自己紹介時には客席から完璧な合いの手が聞こえてきており、会場全体で盛り上がっていた。

1 2 3 4 5 6次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。