ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

録音した"読み聞かせ”音声を再生 絵本にクリップできるデバイス「Magical Book Reader」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昔ながらの慣習にも、近頃はさまざまなハイテクが導入されるようになっているようだ。絵本の“読み聞かせ”は、子どもが大好きな娯楽であり、子どもの言語理解能力や想像力を促進するなど、教育的要素も強い。そんな寝る前の“読み聞かせ”のために、「Smart PJ」のようなタブレットと連動したパジャマが登場しているが、「Magical Book Reader」も家族の“読み聞かせ”を促進するツールだ。

これは、子どもの家族があらかじめ“読み聞かせ”の声を録音しておき、絵本の進行に合わせて再生するデバイス。クリップ型になっているので、本のカバーなどに留めて使用する。デバイスにはカメラ機能があり、これが今、本のどのページが開かれているのかを検知するようになっている。子どもがデバイスの中ほど部分にあるボタンを押すと、絵本と装置が同期し始め、録音されていた"読み聞かせ”音声が、ページがめくられるのに合わせて再生される。

もちろん、"読み聞かせ”の声以外にも、シーンに合った効果音を挿入したり、親からのメッセージなどを一緒に録音してもよく、その子どもに向けた、ただ1つの"読み聞かせ絵本”が出来上がる。子どもにとっては、電子ブックやタブレットでの読書体験とは違い、自分のお気に入りの本の手触りを実際に感じながら、愛着をもって絵本の世界を楽しめる。また、プロによるナレーションも、サイトで販売しているという。

遠方に住んでいる親戚や、忙しくてなかなか"読み聞かせ”の時間が取れない親たちにとっては、子どもとのコミュニケーションツールとして、「Magical Book Reader」は大切な時間を共有する手助けをしてくれることだろう。

Magical Book Reader

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP